スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恐るべき人たち

先日、とあるビルでエレベータに乗り込んだ。エレベータ内は自分のほかには、もう一人、20代らしき男性がいた。

その男性の体がふるふる震えだしたかと思うと、いきなり「早く乗れってってんだよ」と呟きだしたのである。気のせいかと思っていたが、室内には彼と私の二人しかいないので、私を指しているのは明白。そして聞き流していると、「早く出て行け」と騒ぎ出す。

出るも何も、エレベータ内なのだから出て行きようがない。無視していると、「ぶっ殺すぞ」と、こちらを睨みつけてくる。眼をやると、ナイフは持っていないようなので、身構えつつ、眼を合わせないようにしつつ、丁度、山道で野犬に出会ったときのように、無関心を装いながら、1F到着を待った。

待つこと3時間(体感時間)、1Fに着くと、扉が開ききらないうちに、「早く出ろって言ってんじゃねえか」と呟くのを尻目に、抜け出す。いきなり駆け出すと、背後から秋葉原よろしく刺されてしまいそうな雰囲気なので、早足で人通りの多いところに歩き出す。

が、どうも後から付いて来る気配がする。

ブツブツと呪詛の声が、後ろの砲で聞こえてくる。何か、自分は悪いことでもしたのだろうか。行動を振り返ってみるが、どう考えても、単にエレベータで一緒になっただけの相手である。「早く乗れ」と言っていたが、別段遅く乗り込んだわけでもない。むしろ、通常人より早くエレベータに入ったくらいだ。

ただ、そういう常識が通用しない相手がいるのも事実。満員電車の中で腕が触っただけで、痴漢呼ばわりしたり、殴りかかったりする人がいるのも事実なら、自宅で大麻を栽培したり、路上でクスリを買い込んだりするヤカラがいるのも事実。

防刃チョッキを買っておけばよかった、と後悔しつつ、路地に逃げ込もうかと思ったが、行き止まりだと惨事になってしまう。明日の新聞には載りたくない。

そこで大通りに出て、信号のないところを急いで渡った。向こう岸から様子を窺うと、凶人は姿が見えなくなっていた。が、念のために人のごった返す家電量販店に入り込み、裏口から脱出。事なきを得たのであった。

今日の教訓
「あぶないよ、自転車とエレベータの二人のり」

コメントの投稿

非公開コメント

 えぇぇ~怖いですね。出たくても出られない密室状態。しかも狭い。もし相手がナイフを持っていて襲い掛かってきたら、大きく逃げられないから怪我をするだろうし…。『誰でもいいから傷つけたかった』って人が多いから、特にLepさんが何かしたのではないと思います。怖かったですね。
 私も道を歩いてY字路で変な女の人と出会いました(最初は普通の人に見えた)。その時、相手が凄い大きな声で話していたので(耳栓して携帯で話をする人がいるでしょ。それだと思った)一度だけ振り返ったんです。それが気に入らなかったのかずっとマンションまで付けられて最後は叫ばれました。怖かったです。
 変な人が多いですよね。いつ事件に巻き込まれてもおかしくない。お互い気をつけましょうね。

振り返るだけで付けられる・・・もう恐怖ですねー。
他にも、ジョギングしていたら殴りかかられたりしたこともありました。景気が悪くなると、変な人が増えます・・・

なんか・・・みんなどうしちゃったんでしょうね。
恐ろしいです。
田舎でも、なんか今までと雰囲気違うな、自分のことしか考えてない人(気が付かない人)がすごい勢いで増えてるな、と感じます。
変な人が普通にいるから、自分が変なのかと自信もなくなります。
都会ではもっと危うくなりそうです。
lepさんやみんな、よく都会に居られるなあって感心します。
住んでしまえばどこでだってそれなりにやれはするんでしょうけど、都会は気を張ることが多くて疲れそうです。

イライラしてる人が増えたなー、って感じですね。ちょっとぶつかっただけでもキレるような人が。

辺りに気を付けながら歩く、というのはアメリカ暮らしで身に付けた習性なので、それほど国はなりません。逆に田舎暮らしは近所付き合いが恐ろしいです。

少しでも違うことを言ったりしたら、即、村八分になるよーな。まあ被害妄想かもしれませんw

NoTitle

こんにちは、

はじめまして、、

何故か、無意識にクリックしてたら、
涼しいそうな金魚ブログに
目が留まりました。

エレベーターのお話なんですが、
この方、閉所恐怖症とは
考えられませんか?

この病気は本当に、
狭い処にいると、
不安で額から・・・(゚_゚i)タラー・・・
心臓はバクバクなり、当人にとっては
絶えられない不安なんだそうです。

Re: NoTitle

> こんにちは、
>
> はじめまして、、
>
> 何故か、無意識にクリックしてたら、
> 涼しいそうな金魚ブログに
> 目が留まりました。
>
> エレベーターのお話なんですが、
> この方、閉所恐怖症とは
> 考えられませんか?
>
> この病気は本当に、
> 狭い処にいると、
> 不安で額から・・・(゚_゚i)タラー・・・
> 心臓はバクバクなり、当人にとっては
> 絶えられない不安なんだそうです。

sarahさん、はじめまして。
言われてみれば、思い当たるフシも。
顔が青白く、強張っていたような気もしました。

しかし閉所恐怖症とは、思いもしなかったです。
「悪」と即断しないで、相手の立場に立って考える。
そういう心がけが足りなかった、と反省です。
ご指摘、ありがとうございました。
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。