スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江ノ島岩窟

湘南モノレールから歩いて20分ほどで、江ノ島に着く。

江ノ島は天武天皇の時代に開かれたと言われているが、実際に文献に現れるのは鎌倉、室町になってからである。

江戸期にはちょっとした行楽地として賑わい、サイパンやグアムのような地位を占めていたという。江戸から50km弱、往復で二泊三日ほどの旅だったことが、「東海道中膝栗毛」などから窺える。

参拝客は江ノ島に鎮座する「弁財天」が目当てだったという。江ノ島の弁財天像は良く言えばリアル、ありていに言えばエロチックに造られており、エロ動画などなかった時代のこと、わんさと男性客が繰り出したという。

もっとも弁才天は中世以後に広まった神であり、それ以前からこの島は聖域として崇められていたようだ。

それは一つには、この島には洞窟があるからである。

島に入り、辺津宮を上り、中津宮を抜け、奥津宮を過ぎる。山道をえっちら登って下る。江ノ島は交通の便が良い割には、昭和な雰囲気が色濃く残っている町であり、最近ではそれを逆手にとって、「ピンボール」や「射的」なども置かれるようになった。

海の見える場所はことごとく海の家が置かれ、暗い室内から、呆れるほど明るい海がのぞける。欧米人や中国人らしき外国人観光客が行きかう。その脇の急階段を降りると、岩屋である。

江ノ島は地質がもろく、南岸は太平洋に面しているので侵食を受けやすい。侵食された場所は細長い岩窟となり、古来から信仰の対象とされた。(お隣の鎌倉では岩山に穴をあけて、堂や墓を造る「やぐら」という習慣があったが、それと関係しているようだ)

昭和46年に落盤事故があって以来、立ち入り禁止になったが、平成5年に安全装備を施して復活。中は照明はあるものの、ほとんど真っ暗。蝋燭を貸し出してはくれるが、ほとんど役に立たない。

天井がやたら低く、何度も頭をぶつける。暗いのでスリリングというより心もとない。富士の鍾乳洞と良くにているが、実際、この洞窟は富士山まで繋がっているという伝承がある。

本当に江ノ島から地下を通って富士山まで行った人がいるのかもしれないが、それよりも江ノ島信仰と富士信仰は、岩窟信仰という接点があったと見た方が近いだろう。

現在後悔されているのは第一・第二の二つの岩屋だけだが、周辺にはまだ岩屋が散在しており、往時の繁盛ぶりがうかがえる。

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 ホントに…。裸の弁財天なんて珍しいね。なんか罰当たりな気がするけどv-356
 >富士の鍾乳洞と良くにているが、実際、この洞窟は富士山まで繋がっているという伝承がある。
 ⇒えぇ~そうなのv-291?探検してみたいな。昔、そういうテレビあったよね。なんて番組だったっけ?オレンジ色?(だったような)の探検服を着て冒険する番組。あれ、憧れたなぁ~。Lepさん知らないかな?
 あたし洞窟とか鍾乳洞とか大好きv-291。子供の頃連れて行って貰って、不思議な空間にワクワクした。そういえば大人になってから行く機会がないけど、まだあるんだね。行ってみたいな。探検してみたい。

No title

そうですねー。江戸は男だらけで女性が少なかったせいか、性風俗の乱れには寛容だったそうです。銭湯なんかも混浴が当然だったし。

>オレンジ色?(だったような)の探検服を着て冒険する番組。
川口浩探検隊?富士山の方へいくと、結構ありますよ、洞窟。

No title

モノレールのみならず、洞窟ふぇちでもあるDILIですw。

鎌倉に親戚があったので、子どもの頃は良く江ノ島に遊びに行きました。
東京に住んでいた時の卒業旅行も、江ノ島で地引き網でした(笑)。

暗いとか狭いとかの怖いもの大好きで、大仏から鎌倉駅へ抜けるあのトンネルなどは、眼を閉じて息を止めて駆け抜けたものです。 大船の田谷の洞窟では、入ってすぐに「ろうそく」が消えてしまって、往生しました。

江の島の洞窟が入れるようになったのは、ノーチェックでした。
いつか行かねばなりませぬ。

No title

父の会社寮があった関係で、鎌倉・逗子には良く遊びに行きましたね~。その割には江ノ島にはほとんど行かず、はじめた行ったのは成人してからで、洞窟の存在もつい数年前に知ったものです。

鎌倉のトンネルといえば、銭洗へ行くトンネルも狭くて暗くてステキですね。抜けると神社がどわっと姿を現すのも、桃源郷のようでよいです。
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。