スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケロロ軍曹

ケロロ軍曹 (17) ミラクルセレクトパック(B)ケロロ軍曹 (17) ミラクルセレクトパック(B)
(2008/07/26)
吉崎 観音

商品詳細を見る


「ニニンがシノブ」から入ったので、「どうもシノブに似た絵だな~」と思っていたら、こちらの方が師匠であった。

シノブに比べると色気70%減、カワイさ50%増、というところか。予めキャラクター展開を織り込んだと思わしきカエルらの造形は、子供らの心をつかんで話さず、アニメ化もされた。

作者・吉崎観音(ミネとよむ)は「7人のナナ」のキャラクターデザインで脚光を浴び、小学館から角川に移籍した後、「ケロロ軍曹」で天下を取った。

藤子不二夫ファンとのことで、実際、ドラえもんのパロディやオマージュが作中には度々出てくる。ケロロらが出す様々な道具はもろにドラの秘密道具だし、道具の中にはかの「地球破壊弾」も含まれている。

(この物騒な道具は色々な人の脳裏に焼き付いているらしく、「ギャラクシーエンジェル」にも出てくる。。。というか、なぜ家庭用ロボでしかないドラえもんが、そのような危険な物体を持っているのだろう?)

他にも海底探検、地底探査、独裁者スイッチ、「しんりゃくがぜんぜんできてない」と号泣しながらレポートを制作する軍曹など、「ドラえもん」から題材を取ったと思わしきエピソードは少なくない。

さらに言えば、元々異世界から居候がやってくる、という設定は「ドラえもん」や「ウメ星デンカ」などのものである。体を動かすのも野望をもつのも苦手なケロロ軍曹は、そのままのび太につながる存在でもある。



もっとも違いもある。のびたをサポートしにやってきた「ドラえもん」とは逆に、軍曹は地球を侵略しに来たのであり、友達でありながら敵というねじれた関係が、このドラえもん的な予定調和の物語を、緊張を孕んだものにしている。

ちなみにケロン軍の階級は旧日本陸軍のを採用。順位は曹長→軍曹→伍長→兵長→二等兵。従ってケロロ曹長よりもクルル曹長の方が階級は上だが、小隊の権力はケロロ曹長が握っているようだ。

このような階級の逆転現象は旧日本軍とするとおかしいが、曹長よりも「軍曹」の方が隊長のイメージが強いので(鬼軍曹とか)、作者は軍曹を隊長にしたのだろう。まあケロン軍のことだし。

テーマ : マンガ
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 >軍曹は地球を侵略しに来たのであり⇒そうなんですか…。姪っ子が好きで一度映画を見に行ったことがあります。実家にはケロロ軍曹のへんなおもちゃが転がっています。 漫画家も好きな漫画家の影響を受けるんですね。言われれば、姿形は違っても、どこか『ドラえもん』を感じる部分があったのはそれだったんですね。

No title

甥っ子も好きですよ~。単行本は全て彼に取り上げられてしまいましたw。

>『ドラえもん』を感じる部分があったのはそれだったんですね。
ドラえもんって、もう色々な漫画家に影響を与えていますね。影響の度合いでいうと、手塚治虫より大きいんじゃないのかな。
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。