スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歡喜渡慈航



『渡慈航』というのは、慈悲の船に乗って、この迷いの世から彼岸の世界に渡ろう、という仏教用語で、この仏話から、のちに渡航をつかさどる慈航菩薩が生まれた。

慈航菩薩はとくに船乗りの多い南中国で信仰され、その名前を付けた福建の慈航上人は台湾に渡航し、死後は即身仏となったことから、台湾ではそれなりに知れた存在になっている。

この慈航をモチーフにした濁水溪公社の歌が「歡喜渡慈航」である。

濁水溪公社は台湾のアングラバンドで、「晩安台湾」などの社会派ソングで熱狂的ファンをもつ「知る人ぞ知る」ロックバンド。とかく欧米や日本の流行にながされやすい台湾バンド界のなか、台湾の土俗に根付いた歌づくりを20年以上にわたって続けている。

ボーカルの柯仁堅は台湾大学出身なせいか、パンクな中にも知性を感じさせる歌を得意とする。その歌作りの精神は土着、反抗、挫折など、台湾の暗い側面をモチーフにすることが多い。曲調はパンクやメタル、ロックやフォークをいり混ぜたものだが、その基調はやはり民俗音楽だとおもう。


バンド名の濁水溪とは、台湾中部を流れる台湾最長の河川。言わば台湾を代表する川で、日本で言えば信濃川や利根川のような存在だが、台湾ではそれほどの知名度はない。そのような無名でありながら、台湾を代表するような河川をバンド名にするところに、このグループの反骨的かつ土着的な精神をうかがい知ることができる。

(直接的には、80年代に台湾大学で結成された農民支援団体-カクマルのようなもの-「濁水溪社」のパロディ)

日本でいうと、「怒髪天」を彷彿とさせるが、怒髪天は社会に対して怒っている労働派のようでありながら、その本質は結構、世渡り上手で妥協的なオトナなのにたいし、濁水溪のほうは妥協を許さないような、強い隔絶の意志をもったコドモである。

これは台湾社会が内省人(国共内戦前から台湾にいた漢民族)と、外省人(内戦後に渡来した漢民族)とに分裂していることと、無縁ではない。濁水溪公社は、内省人の中心地・高雄市の出身である柯仁堅が、外省人の中心地たる台北市で痛感したアイデンティティ・ギャップを埋めようとして、結成されたバンドといえる。(台湾大学は台北市にある)

アイデンティティの危機に際し、彼は、音楽によって自らの草の根に戻る方向を選択したわけだ。そしてそれは台湾語によって(台湾の歌謡は北京語、英語、あるいは日本語を使うのが常識だった)、台湾社会の暗部を、台湾民謡によって歌い上げる類まれなスタイルとなって露出した。


歌詞そのものは、仏教の「渡慈航説法」を台湾語読みしただけである。「悪いことをするな、悪人は悪の報いを受けるぞ」、という因果応報、勧善懲悪のかび臭い説教節で、最後に「手をつないで慈悲の船に乗ろう」、で終わる。

が、後ろの動画はパロディや皮肉に満ちている。

最初のメンバー紹介は、中国の人物絵巻のパロディ。続く部分は占い本のギャグ。というか、基本的に占い本の1ページ1ページが動画のタネだが、それがパンク風に解釈されているのがおもしろい。

「結縄芸術」は紐細工のことだが、こいつらの手にかかるとSM縄縛りになる。
「民俗療法」は浣腸のことだが、これもやはりアナルセックスに変わってしまう。
「家庭円満」となると、ホモっぷるのことになってしまう。

まあそれだけなら単なるエロパロ動画なのだが、メロディが妙なリズム感があるので見ていてだれない。このメロディは実は仏教音楽である。

出だしは儀式開始の銅鑼であるし、ベース・メロディは葬列に使われるラッパ曲に似ている。そのような「誰でも知っている曲」を歌作りに持ち込むと、えてして凡庸な作品になりがちだが、そこをうまくロック風味をきかせることでアレンジを加えたのが、この歌の成功の秘訣といえるだろう。

正直、ほかの歌はあまりパっとしないが、この歌だけは聴きごたえがある。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。