スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぐぬぬ

gnn-all.jpg (click拡大)

ぐぬぬ。

悔しそうな、それでいて、内にこらえているような少女の顔、顔、顔。俗にいう「ぐぬぬ画像」である。元ねたは「一期ましまろ」のアナ・コッポラちゃん。

gnn-ana.jpg

これはいじめっ子のみうに、「穴・骨洞」とからかわれて悔しがっているサマ、とくに塩をかけられたナメクジよろしく、口元がギリリと歪んでいるサマなのだが、その姿がネット住民らにウけ、虹裏などで改良バージョンが量産された。

その数、数百種類。苺ましまろは元より、ねぎま、けいおん、絶望先生、シャナ、Qブレイド、とらドラ、メイデン、サキ、ミク、アイマス、はては阪神タイガーズまで、驚くべきことに、日本の生み出したキャラは、およそ全てがこの「ぐぬぬ形式」にフォーマットできる。


この単純な○で構成された造詣の系譜は、ドラえもん、サザエさんの丸顔、さらにはのらくろ、タンクロー、タコ八、正チャンや、ノンキ父さんまで遡ることができる。大正末期~昭和初期の漫画群である。

このルーツを北斎漫画や鳥獣戯画に求める人は多いが、毛筆による絵画的な描写である「鳥獣戯画」と、ペンによる図形的な表現である「のらくろ」を同一視することは適切でないだろう。

「のらくろ」や「ドラえもん」に特徴的なのは、○や□を組み合わせて構築された顔やボディであるが、実はこれは20世紀初頭、ドイツではやった「単純主義」の直輸入である。

単純主義とは、できるだけ簡素な描写で表現しようという流派で、「タンタン」や「ひとまねこざる」にはそのスタイルが顕れている。(タンタンの作者はベルギー人、こざるの作者はドイツ人)


もちろん、単純主義の背後には、同じく単純な幾何的表現を旨としたロシア構成主義や、アールデコの影響を見て取ることができるだろう。あるいは、さらにキュビズムやバウハウスの匂いを嗅ぐこともできる。

19世紀後半、ビクトリア朝イギリスでは鉄とガラスによる新しい建築が実用化され、それまでの装飾的・凸凹的だった町並みが、幾何的・直線的なものに変質しつつあった。

その変質をいち早く嗅ぎつけたのがピカソに代表されるアヴァンギャルドな芸術家たちであり、彼らの作った潮流「キュビズム」の流れの支流に、ドイツ単純主義、そして日本の現代漫画が乗っているのである。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。