スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界奇食大全

奇食、ゲテモノというものは、何やら人の心をざわつかせる魔力があるが、この本「世界奇食大全」は、世界さまざまな奇食を試してみた記録である。。。なはずが、実際はほとんどが日本の奇食。しかもネットや先行文献を踏襲しているだけで、筆者独自の取材による奇食はごくわずか。

看板に偽りあり、である。

もっとも、彼だけの問題ではない。この頃は新聞でもTVでも、ネットで「取材」し、それを面白おかしく味付けして「独自の取材」として済ませることが多く、既存メディアの取材力が改めて問われている。

いや、ネットを使うな、というわけではない。ネットを参照にすることには、何ら問題はない。ただ他人のフンドシで相撲を取るな、ということである。自ら苦労して調査する中から、味わいある記事は生まれる。

その意味で、この本が手本としている小泉武夫は実際に現地調査を重ねており、その経験を文章にした著作群からは、ほんとうに彼が食した物の臭いが臭ってきそうな味わいがある。

それに対し、この本の著者は食物をネット注文するだけで、取材するにしても、ほとんどが国内。勝負はすでにあったといえる。

とはいえ、この本が無価値というのではない。独自性、創造性は求められないが、お手軽な奇食カタログというのなら、暇潰しにはなる。

河豚の卵巣(ピリピリ痺れるという・・・)、蠍、毒茸といった「劇薬系」から、馬の腸(糞の味がするという・・・)、シュールストレミング(北欧の臭さは世界一イィィィッ)という臭さ勝負系、さらには「土」「紙」「ゴム(サルミアッキ)」といった本来食物じゃないだろう系まで、すらっとサーフィンするのには申し分ない。

サーフィンと書いたが、そう、この本は書籍というより、ネットの文章をプリントアウトして閉じただけ、というのが印象である。いや、ネットはカラーだし、実際に現地取材している人が多いから、ネット以下か。正直、お金を払ってまで読むものではない、というのが結論だ。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。