スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東国原シアター ~トップをねらえ~

いきなりの首相宣言を出した、東国原知事。

当初は「お笑い」「ジョーク」と思われていたが、それが計算し尽くされた発言だったことが知れるにつれ、次第に波紋が高まっている。

自民党では、「人気が出て思い違いしている」「(輸血は必要だが)毒物を入れる必要はない」という批判まで飛び出したが、表立って人気の高い知事に反論することもできず、鬱憤は話を持ちかけた古賀幹事長の方に矛先が向けられている有様。

しかし地方のほうでは、新潟知事が賛辞を送ったり、大阪知事が連携を呼びかけたりと、賛同の意思を示す人もいる。

選挙前にわざと爆弾発言を行い、中央VS地方などという「対立軸」をこしらえあげ、選挙を有利に戦うという手法は「小泉劇場」と批判されたが、当の東国原知事はその言葉を嫌い、自分のは「東国原シアターと呼べ」と、マスコミに注文をつけた。



小泉劇場が非難されたのは、郵政改革に賛成・反対という対立を、あたかも改革そのものへの賛成・反対という対立のように「演出し」、国民を騙したとされるからであるが、「東国原シアター」はどうなのか。

彼を好意的に捉える人は、彼が真摯に地方改革に取り組んだ結果、中央を改革しなければ地方改革はありえないという結論にたどり着いた、とする。つまり「最も優秀な知事は首相だ」、という論理だ。

確かに不透明な地方分担金を初め、地方自治の手足を縛る仕組みが日本にはまだ多く、それを何とかするには自民党を改革するしかない、という考えは理解できる。

ただその議論で見落としがちなのは、首相は1地方だけの利益を代弁するわけではない、という点だ。そもそも国会は地方議会ではない。国会は日本全体の利益、つまり国益を議論する場で、国会の過半数を占める政党の長、すなわち首相もまた、国益を司る。

従って「首相になって地方改革を」という東国原の主張は理念的におかしいし、現実にも矛盾を露呈するだろう。

もっとも彼には、「首相になる、というのは単なるポーズ。要は話題を作り、地方行政に目を向けさせること」、といういい抜けも用意されている。実際に首相になれなくても、「悪いのは自分の意見を汲み取れない自民党」と批判を肩代わりさせることもでき、氏の計算高さが垣間見える。


では「シアター」の目的は、話題づくりなのだろうか。知事はそもそも首相になる気持ちは皆無で、純粋に地方自治に骨を埋めたいがための、発言だったのだろうか。

判断は難しいところだが、タレント時代からの氏の言動を観察するに、彼の真意はやはり「首相獲り」にあると思う。

というのは彼の慇懃無礼さは、強烈な上昇志向の裏返しと考えられるからだ。たけし軍団に所属していた時代、彼は軍団No2として権力、とくにトップの権力に、強い憧れを抱くようになったと言われる。しかしおいそれとそんな態度を見せれば、ボスは「ガキ大将」ビートたけしのこと、すぐに叩き出されてしまう。

そこで東国原は、本心を慇懃無礼さで包み隠す韜晦術を身に付けたと、おもわれる。そして韜晦すればするほど、彼の野心は膨らみ、やがてその野心は少女から政治に向かったと考えられるわけである。

幸い、彼には野心を支えるだけの真面目さやマスコミ操作術があり、それが功を奏して県知事となったのだが、原点に戻って考えれば、宮崎県は彼にとっては踏み台でしかなく、あくまで彼の目標はトップ=首相なのである。


このごろは知事が板についてきたせいか、言動も傲慢になったとも言われているが、そもそも彼の根っこにはトップ狙いという傲慢さが巣食っており、それが表に出てきたからに過ぎないと考えるのが自然だろう。

そう考えると、今一つ真意がはっきりしなかった、知事の首相宣言もすんなりと理解ができる。シアターの目的は、ずばり「トップ獲り」。地方行政推進、というのはむしろカモフラージュで、首相になった瞬間、彼の頭からは宮崎県民のことは消えてしまっているだろう。

真の目的のために、わざと物議を演出する。その意味で、彼はまさしく小泉「監督」の後継者である。

もっとも真剣に日本国のことを考えてくれる真面目さは持ち合わせているから、日本のためには、このシアターを応援するのがいいかもしれない。ポピュリズムの危険性は大いにあるがw。

コメントの投稿

非公開コメント

NO TITLE

実は東国原首相、けっこうイケるんじゃないかと思ってますw
努力家ですよね。
ちょっとやってみて欲しいです。
自民党が民主党を下す手段として、北朝鮮のテポドンなみに有効な気がするんですけど。
ほんと、小泉「監督」の後継者って感じです。

NO TITLE

最初はイケるでしょうが、1,2年で飽きちゃうんじゃないでしょうか。首相は党に結構制約されるんで、彼のような野心家にとっては逆に知事の方がやりやすいのでは。ま、1年やって投げ出す首相が続いたんで、それでもいいカモw。

自民党が本気で民主党を倒したいのなら、たぶんマスゾエ氏を首相に据えるしかないと思います。宮崎県知事は高齢者にはウケが悪いのに対し、厚生労働大臣は全年齢にウケがいいすから。でもまあ、そろそろ自民党も下野したほうが自民党のためにもいいでしょう。

NO TITLE

やっぱりマスゾエさんですか~。
人気高いですよね。
知名度も高いし、あんだけ大変な厚生労働省でウミを出す作業を国民のためにがんばっているというイメージもあるように思いますw

民主党が政権とるなら岡田さんが党首が良かったなあ・・・
なんとなく、鳩山さんより好きかも。
って人がけっこういる気がするw

NO TITLE

マスゾエさんは頭もいいし、行動力もあるし、日本の政治界では得がたい人材ですねー。以前は頭のよさを花にかけるところがあったけど、大臣で揉まれるうちにマルクなったし。。。すくなくとも国立マンガ喫茶を作ろうとかいう人よりはマシかとw。

岡田さんもイメージいいですね。ただ選挙の顔、となるとイマイチ明るさがないというのが欠点かな。
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。