スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テロ指定解除

アメリカが北朝鮮のテロ指定を解除するという。北朝鮮の申し込みがあれば、の前提付だが、金融制裁に苦しむ北朝鮮が申し込みをしないとは考えにくい。「テロ国家」という封印ははがれ、事実上、北朝鮮包囲網は崩壊したと言える。
解除の理由は「北朝鮮の核計画提出」だ。これは北朝鮮内での核施設やプルトニウム抽出量を記載したもので、「正確ではない」という批判はあるものの、核廃棄へ向けての大きな一歩といえる。それを評価したうえで、アメリカはアメ(=テロ指定解除)を与えたわけだ。

アメとムチは制裁の基本であり、今回アメリカはその基本に忠実に従ったと言えよう。

翻って日本では、「拉致を見捨てた」としてこの決議には反感が強い。町村官房長官に至っては「(日本の拉致解決という主張が無視され、)ショックを受けている」とまで、米国側に苦情を述べている。

しかし考えてみると、文句を言うのなら、解除に賛成を示した首相に言うべきで、官房長官の対応は、福田内閣内の不協和音をあらわにした感が否めない。そしてそれを捉え、サンケイ新聞などは「軟弱外交」として首相攻撃を強めている。

だが、サンケイの主張するように、日本だけが独自で対北強硬策を貫くとしても、将来は明るいものではない。相手が核で譲歩してきたのに、こちらは一歩も譲歩しないという交渉は難しい。交渉の基本ルールに反するからである。

サンケイの言う「交渉」は単に主張を声高に述べ、少しも妥協をしない「硬直的な」ものだが、通常そのようなものは交渉とは呼ばず、「脅迫」と呼ばれる類のものだ。

もちろん、日本が圧倒的な力を持っていたり、包囲網が完璧に形成されていれば、そのような強硬な交渉も成り立つ余地はあるが、残念ながらそのどちらの前提も、日本には与えられていない。

せめて中韓米との関係ぐらい緊密にしておくべきだが、サンケイはむしろその逆の反韓・嫌中・批米政策を提唱し続けており、そのツケが回ってきたといえる。



そもそも、拉致と核を同じ土俵に乗せよう、という日本政府の思惑自体、非常識といえる。

拉致は当然解決されなければならない犯行だが、その被害者はせいぜいが数十人。核が炸裂したときの被害に比べれば、微々たるものである。

韓国でも、日本とは比較にならないほど、拉致被害者は多数存在するが、それでも拉致解決には固執していない。北が暴発すれば、拉致どころの被害ではないと身を持って知っているからである。

「拉致拉致」とお題目のように唱える日本の姿は、「九条九条」とお念仏を繰り返す姿と二重写しになるが、いずれも世界からすれば「外交ボケ」と思われているようだ。

テーマ : 中朝韓ニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

 あの爆破…ホントに信用して大丈夫なのかな?北朝鮮は核を凄く重要視してきたのに(ように見えて)、あんなに簡単に?爆破して、なんか『ホントぉ~v-403』って疑ってしまう。
 確かに核と拉致は同じ土俵ではないけれど、でも、拉致問題は家族からすれば、核と同じ位に考えてしまう事柄だと思うんだ…。早く家族のもとにかえしてあげて欲しいです。

爆破は本当だと思うけど、元々不具合か何かあって、撤去する予定のものだったのでは。爆破費用も出してもらえてらっきぃ、みたいな。

拉致に関しては、環境問題と同じで、日本全体がそのことに関してはウムを言わせないような怖さがありますね。というか、それ以外の発想の余地が閉ざされてしまっている、というか。
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。