スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タミフルと八角

数年前のSARS禍では、5千人の被害者をだした中国が、今回の新インフルエンザ騒ぎでは、ほんの数人の病人しか出していない。中国の劣悪な衛生状況をかんがえると、これは驚くべきことである。

もちろん人民政府の隠蔽工作、封じ込め工作があるのかもしれないが、WHOの査察が入る以上、いつまでも隠し通せるわけもない。

じつは、中国でインフルエンザ患者がすくないのは、「漢方」のおかげだ、という説がある。インフルエンザの特効薬とされる「タミフル」の原料は、漢方薬の「八角」なのである。

StarAnise.jpg

角が八つあるから、「八角」。じつに分かりやすいネーミングだが、これは「トウシキミ」という植物の実である。この実には「シキミ酸」がふくまれており、サンフランシスコのバイオベンチャーがこれに眼を付け、そこからタミフルと呼ばれる抗インフルエンザ薬をつくりだした。

サンフランシスコはチャイナタウンで有名だが、彼らは八角料理をつつきながら、タミフルのアイデアをえたのかもしれない。

もっとも、タミフル=八角ではなく、あくまで八角は原料であり、そのまま食べても抗インフルエンザの薬効は期待できないという。

しかし中華料理でも八角はそのまま食べるわけではない。炒めたり、漬けたりするうちに、ふくまれているシキミ酸が変成し、薬効をもつようになるという可能性も、排除しきれないのではないか。

実際、同じく八角を食べる習慣のある台湾では、インフルエンザ患者はゼロ。カレーに加える習慣をもつインドでも、やっと一人確定患者がでたのみ(18日、WHO調べ)。

すでにマスクは買いしめられ、タミフルも品薄な現状では、八角をためしてみるのも一つの自助策だろう。

コメントの投稿

非公開コメント

NO TITLE

タミフル、八角で出来てたんですかー!
そういえば中国料理って八角をよく使いますよね。
コンビニに行くと、おでん(らしきもの)が八角の匂いプンプンさせてるし、ラーメンも○△の醤油煮みたいなのも必ずと言って良いほど、入れすぎなくらい八角のにおいがしました。
私の友達で八角嫌いな人なんかは、気持ち悪くなるといってコンビニに入らなかったくらいですから。
そっか・・・八角・・・買っておこうw
ワクチンは7月半ばに出来るみたいですね?

NO TITLE

 そうなんですね。驚き。マスクは売り切れだし、もし感染者がこのまま急増したらワクチンもたりなくなるかも(汗)。あたしも八角買っておこう。
 >そっか・・・八角・・・買っておこうw
 ⇒ん?でも…。あたしの場合のーたんと違って八角を買っても『豚に真珠だブー』。

NO TITLE

>タミフル、八角で出来てたんですかー!
自分も知ったときには驚きましたね。と同時に、なぜ中国で発症が少ないか、納得。

>コンビニに行くと、おでん(らしきもの)が八角の匂いプンプンさせてるし
たしかにそーですね。一般に海外では臭いがきつい気がします。二本人はお風呂がすきなせいか、臭いがうすい感じ。

>ワクチンは7月半ばに出来るみたいですね?
秋口にずれるとゆー話ですが、もう関東上陸なので、旅行中止など、自己防衛しかないと思ってます~。

>あたしも八角買っておこう。
ただ八角そのものには薬効はないそうですw
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。