スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イムリ

イムリ 5 (BEAM COMIX)イムリ 5 (BEAM COMIX)
(2008/12/25)
三宅 乱丈

商品詳細を見る


「ぶっせん」の三宅乱丈が挑んだ、壮大なSFファンタジー。

奴隷民イコル、原住民イムリを従えて、惑星マージに君臨する支配民カーマ。カーマは心を操る超能力を使ってその支配を保っており、超能力を鍛錬するために、有能な子供を寄宿学校に学ばせていた。

新入生・デュルクは入学曹操、その優秀さから士官候補に抜擢され、カーマの故星・ルーンに派遣される。そこでデュルクはカーマ同士のクーデター騒ぎに巻き込まれ、その過程でカーマの過去と、自らの運命-自分が被支配民・イムリであること-に目覚めていく。

実は4千年前には逆にカーマはイコルの奴隷であり、イコルの兵隊として、対イムリ戦争に使役されていた。しかしカーマはイムリから超能力を学び取り、その力を使ってイコルとの権力闘争に勝利。さらに惑星全体を氷付けにしてイムリに打撃を与え、自らは隣星マージに逃げ込んだ。

その後、ルーンでも氷が解け、カーマの支配が行き届くようになったが、イムリはしぶとく抵抗を続けたため、カーマはイムリを人体改造を施して獣兵とし、野に放ってイムリを襲わせるという、「毒をもって毒を制す」戦略を採用してその抵抗を抑え込んだ。

カーマはイムリの絶滅をもくろんだが、不死の術、大量殺戮の術を駆使するイムリの超能力はすさまじく、その数を間引きすることで、コントロールしようとしたのである。

しかしその事実を知ったデュルクは激しい怒りを覚え、カーマ専制の改革を志す。。。


まあストーリー自体は、「マージナルな存在である主人公が、自らの出自と能力に覚醒して、世を救う」類のもので、萩尾モトやナウシカなどと幾らもかぶっており、目新しいものではない。今後の展開も大体読めてしまうのだが、特筆すべき点は、三宅のタッチ。

「ぶっせん」「新撰組」で見せた、女性にしては雑で泥臭い描写が、実に「イムリ」の血なまぐさく、土俗的な舞台背景とマッチする。

超能力「光輪」の描写も、下手糞ながら(だからこそ)、妙な迫力があって迫ってくる。

あと、「ぶっせん」のレオ君や、つまんだ先生とそっくりなキャラクターが登場して、おもわずニヤリとしてしまうw。支配民族カーマは、坊主コスチュームに身を包んでいるので、なおさら。

イコルを洗脳して奴隷としたり、イムリを獣兵に改造し、使用済みになったら焼却処分にしてしまう極悪非道なカーマ。ナチスやオウムを彷彿とさせる身勝手さだが、じつはその超能力に支配され、人間らしい心を失っているのはカーマ自体だ。

そうデュルクはカーマを糾弾するが、その主張は素朴な心、原始の心を失い、ITに支配されている現代人への批判にも聞こえる。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。