スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たっぷり字書きさんバトン

某30分更新さんからいただきました、「たっぷり字書きさんバトン」。いやあ、長かったです。余りの長さに、後半は省略させてもらいました。

おまけに小説屋じゃないので、途中から批評バトンになってもいますが、まあご愛嬌ということで。
■小説を書き始めたきっかけは?
一番最初に小説を書いたのは小学4、5年のころ。タイトルは「タコ長者」。小説というよりかは絵本ですな。助けてやったタコが恩返しをするという浦島太郎をまねたストーリーで、その頃から民話に興味があったようです。

■創作を始めてどのくらい?
小学生のころからですから、ン十年ですね。

■書いているのは版権ですかオリジナルですか? 両方書く人は、版権とオリジナルで書く違いをどうぞ(長所短所も織り交ぜて)
オリジナルですが、過去には版権ものも書きました。

■本(いわゆる小説)を読み始めた時期は?
我が家はゲームもTVもマンガも禁止だったので、娯楽といえば本しかなく、子供のときから読んでましたね。

■簡単な読書遍歴を。または、好きな作家さん、特に印象に残っている本を挙げてください。
①小学時はファンタジーやSFですね。佐藤さとる、霧の向こうの不思議な町、滅びた国の旅、時のない国その他の国、アタゴオル物語、長靴下のピッピ、アーサー・ランサム、デブの国ノッポの国、森は生きている、二人のロッテ、ドリトル先生。狙われた学園、時をかける少女、七瀬再び、戦国自衛隊、夏への扉。。。

特に印象に残ったのは「ナルニア国物語」で、これは感動の余り、なけなしの小遣いをはたいて、全巻買い揃えました。当時はハードカバー版しかなかったので、大変な出費でした。

②小学校5年の時に、天沢退二郎に出会い、その強烈な光と闇の交錯に圧倒されます。これをきっかけに幻想文学の世界へのめり込み。天沢の本はレアなので、図書館を渡り歩いて彼の著作を漁りまくりまくりました。。。今ならネット検索で一発なんですけどね。

③中学時代に、学校の図書室で近代詩に邂逅。海聴音に始まり、堀口大学や八木重吉らのモダニズム漂う華麗で繊細な詩群に魅了されます。中学から電車通学になり、途中駅のデパートに入り浸っては、小物やマンガなどを読み漁っていました。。。中でも西武の「リリパット」というドールハウス専門店がお気に入りでした。

④高校時代は文芸部に所属して、主にファンタジーを書いてましたが、安倍公房にかぶれて前衛小説なんかにも手を出す始末。この頃までには帆船からドイツ語まで読みまくる濫読の癖がついていました。

⑤大学になると、小説類はもう余り読まなくなり、代わって数学や物理学を読むように。数学基礎論や、宇宙論が特に好きでした。

⑥院では英語本を読むようになりましたが、日本語への執着が断ち切れず、日本語の本を探しては読み込むハメに。日本語なら何でもとばかり、手をだしまくったので、雑学太郎になる。そして膨れまくった知識を整理するために哲学にまでかぶれることに。

⑦ネット時代になってからは、本は余り読まなくなりましたね。あれこれ調べながら書いていくスタイルの自分としては、本では余りに大量に用意しないと、文章が書けない。ネットがなければ、今の自分のスタイルもありえなかったわけです。ただ深く調べる場合には、やはり本は必要です。

■どんな小説が好き?
歴史もの。批評もの。文明批評なもの。

■オリジナル(版権)のジャンルをどうぞ
省略。

■これまで書いてきた、または書いている作品のテーマ(主題)は?
日中文化の交流。日本文化と中国文化はクロスしてますが、どうして分かれていったのか。文化の型が、それぞれの民族にどういう行動・思考パターンを与えているのか。その型を制御することで、問題解決の量質を向上できないか。

■一番気に入っている作品を教えてください。
特にはないですが、「皇居売却計画」は、何気に評判が良かったですね。

■書きやすいキャラ、書きにくいキャラは?
省略。

■舞台設定の特徴・下調べはしますか?
基本的には下調べはしたい派です。その土地が持つ雰囲気を感じ取ることが、創作には必要なので。ただ、昨今はどの土地も均一化されてきて、固有臭を嗅ぎ取ることも難しくなってきました。

■調べる際の愛用の文献(ツール)などあれば。
やはりGoogleですね。

■一作の主要人物は、何人くらい?
省略

■主人公は男女どちらで書く場合が多いですか?
省略

■主人公は自分にとってどんな存在? 例:自分の分身、あくまでも舞台の中の一役者、など
省略

■どんな作風が多いですか? 例:シリアス、コメディキャラへの愛着に、差はありますか?
省略

■ハッピーエンド派?バッドエンド派?
省略

■作中で「死」を書くことはありますか?
死はテーマの一つですね。

■それに対する考えなど。


■恋愛は書きますか?
恋愛というより、エロスに惹かれますね。

■小説の書き方を教えてください。 例:登場人物を決める、プロットを組む、書きたいシーンから書くなど自由に
旅行や街角を歩いていたり、会話や読書などでinspireされた発想を、調べ物を通して膨らませ、色々な角度から分析して仕立て上げます。

■一話の所要時間は? 最短・最長なども踏まえて。
長いのは数年かかりますし、短いのは30分程度。

■タイトルはいつ決めますか? また、タイトルへのこだわりは?
昔は簡潔なものをつけてましたが、ブログに書くようになってからは、おや?と思わせるタイトルをつけるようになりました。やはり、ブログは見た目が9割ですからw。

■物語の始め方。プロローグをつけますか?
省略

■起承転結は意識してますか?
余り意識してないですね。

■会話文と地の文、書きやすいものは?
省略

■中心人物を決め、その視点でストーリーを進めますか?それともバラバラ?
省略

■他に気をつけていることはありますか?
論旨の展開をはっきりさせること。色々調べていくと、入り乱れ訳の分からない文章になりがちなので。でも論旨が分かりすぎても面白くないw。

■創作の上で最も苦労するところは?


■自分の文章はどんな文章だと思いますか?(長所と短所も織り交ぜて)あくまで自己評価。
硬い、真面目な文章だと思いますね。

■どんな文章が書きたいですか?
簡潔でありながら、流れるような、それでいて印象に残るような文章。

■他人から言われた評価で印象に残っているものがあれば。
「濃いですね」

■お気に入りのBGMはありますか?
アニメをかけますね。「ギャラクシーエンジェル」や「ゼロの使い魔」「みなみけ」が最近のお気に入り。

■答えて欲しい方に回してください。
「小説」という枠にとらわれず、「文章」としておけば、もっと多くの人が答えられると思いますが、皆さん、どうでしょう。

コメントの投稿

非公開コメント

 あっ。コメントできるようになったねv-290
 ねぇ~『院』って、Lepさん4年以上学校に行ったって事の『院』?もしそうだとしたら周りに『院』に行った人がいないから、興味あるv-291
 >小学校5年の時に、天沢退二郎に出会い、その強烈な光と闇の交錯に圧倒されます⇒小学校5年生で光と闇の交錯に圧倒って…v-403。凄い子供だったんだね。たぶん凄く優秀だったんだろうな…。
 小学校の頃、クラスで凄く優秀な人がいたけど、今も優秀で、全く違う世界の人だもんなe-420。Lepさんも、そんな感じなんだろうな。

ブログ、読めるようになりましたねー。何人か確認を頼みましたが、やっぱりメンテナンス中だったようです。

そうです、大学院のことです。まあそんなに面白いものではないですw。

まあ早熟で(イヤな)子供だったようですね。筒井康隆の本を読んでて「まだ早すぎる」と怒られたことがあります。

訪問&コメントありがとうございます
感謝!感謝!☆⌒(*^∇゜)v
プロフィールが無いので
どのような方かわからないのですが
深層意識に共感していただいて
ありがとうございます

トータイさんへ
プロフィールではないですが、自分の旧ブログを参考にしてもらえれば、大体どういう人間か分かると思いますw。
http://blog.goo.ne.jp/gelt

すっかり遅くなってしまいましたが、このバトンも拾って頂きどうもありがとうございました。

確かに小説に限定しなくとも、lepさんの回答内容を読んでいますと「文章書きバトン」でもいいような気がしますね。少し加工して、別のバトンとして回してみましょうか。

しかしこのバトン、分量的には長いですが、久しぶりに誰が書いても読み応えのあるバトンです。僕が物書き志望だからかも知れませんが…。

ウェブが普及し始めたころは、漁るように他人のページを見てましたが、大体みんな同じようなことが書いてあるので、昨今は飽きてきましたね。

まあ自ブログも同じパターンの繰り返しが増えてきた気がするので、充電せねばならぬと感じるけふこのごろですが。
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。