スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二月が来るたびに

今年も恵方巻の季節がやってきた。コンビニなどで山積みされている巻寿司を見るたびに、ある種の不快感をかんじてしまう。

というのは関東には元々恵方巻の習慣がなく、それをコンビニが無理やり広げたという経緯があって、関東人の自分には、いまだに馴染めないのである。

大体、「恵方を向いて黙って食う」というのがいけない。黙って食うなんて辛気臭いし、そもそも「恵方」というのが意味不明だ。

調べて見ると「恵方」というのは「歳徳神」のおわす方角、ということだが、その歳徳神というのがまた良く分からない。

道教でその年の福を司る神というが、牛頭天王の妻や、スサノオの配偶者という説もあり、一定しない。(元々が民間信仰であるので、正体不明は仕方ないといえば仕方ないのだが)


もっとも、よく分からないからヤメロ、という訳ではない。クリスマスもまた、同様に神を祭るイベントで、おそらく世界で最も有名な祭儀だが、その割には不明なことが多い。

そもそもクリスマスはキリストの誕生日ではなかった、という説が有力で、じゃあそもそもクリスマスとは何だったかと言うと、キリスト教伝来以前の、ゲルマン諸族の冬至を巡る祭儀、というのが本当らしい。

しかし由来がどうあれ、クリスマスは非キリスト教国の日本にも、しっかりと根付いている。それは聖歌を歌ったり、プレゼントを交換したり、クリスマスツリーを飾ったりと、色々楽しくなる仕掛けが施してあるからだろう。

もちろん、その裏には「クリスマス商戦」という商売根性が潜んでいることは確かなのだが、それでも騙されてもええわ、という大らかな気持ちになれるのが、クリスマスの威力というものだ。


一方、恵方巻になると、そのような装飾がないぶん、露骨に商売根性が透けて見える。透けるというか、隠そうという意識すら見られないのがイタイのである。

確かに1月下旬から二月上旬にかけては、これといったイベントがない。節分はあるにはあるが、「豆」の売り上げなどたかが知れている。せめてのり巻きでも丸かぶりしてもらって、売り上げを伸ばすぐらいしか、手立てがない。

その手の業界主導型イベントとしては、バレンタインや土用丑の日などがあるが、これらが定着したのは、それなりに需要があったからだろう。

女性側から愛の告白をできるという、欧米にもない奇抜な設定、暑い夏をウナギパワーで乗り切ろうというアイデアは、なかなか合理的で、民心にアピールする華やかさをも持っている。

それに引き換え、黙って、眼をつぶって、恵方を向いて食す、とは何という設定か。そこには何の工夫もないどころか、人を小ばかにしたような仕掛け人の姿さえ、見え隠れする。


似たようなコンセプトのイベントとしては、「聖ジョルジュの日」というのがある。これは聖バレンタインにあやかって、その日はチョコの代わりに本を送ろう、と出版業界が提唱したものだが、ものの見事に廃れた。

というのは本を贈るという地味さ、バレンタインの二番煎じというアイデアのなさ、聖ジョルジュの知名度の低さ、そしてそこから透けて見える出版業界の仕掛け色、というさまざまな悪因が重なったからと、思われるのだが、

黙ってのり巻きを食べるという地味さ、歳徳神の知名度の低さ、そしてそこから見えるコンビニ業界の仕掛け色の濃さ、という「丸かぶり」具合からして、恵方巻なるイベントもすぐに廃れると確信していたのだが、09年に至るもしぶとく残り、なにやら根付き始めた感さえ否めないのである・・・

コメントの投稿

非公開コメント

地味な日本海側に住む私でさえ、巻き寿司の丸かぶりは地味に見えます。辛気くさいw

実は出始めに一度だけやったことがあります。
巻き寿司自体は厄払いにちょっと効きそうな気がしたんですよねw

座っても失礼な?気がして立って、方位磁石で確認した方角を向いて、ガブリとやりました。
もごもごもご…と食べて、

………で?

って感じでしたww
なんか思ったより盛り上がらないし、正直丸かぶりより切ってあった方が食べやすいしで、それ以来やってませんw
みんなほんとにかぶってるんやろか?

Re: タイトルなし

> 地味な日本海側に住む私でさえ、巻き寿司の丸かぶりは地味に見えます。辛気くさいw

そう言えば、そちらも関西圏に入る?んでしたね。住民意識としては北陸というより関西、というところでせうか。新快速も通るし。

> 実は出始めに一度だけやったことがあります。
> 巻き寿司自体は厄払いにちょっと効きそうな気がしたんですよねw

巻き寿司に厄払いパワーがある、というのも面白い発想ですね~。

> 座っても失礼な?気がして立って、方位磁石で確認した方角を向いて、ガブリとやりました。
> もごもごもご…と食べて、

発想としては、なんかイスラム教の礼拝に似ている気が。

> なんか思ったより盛り上がらないし、正直丸かぶりより切ってあった方が食べやすいしで、それ以来やってませんw
> みんなほんとにかぶってるんやろか?

まあそうでしょうねw。歌を歌うわけでも、ラッピングするわけでもないし、色気もなければ工夫もない。人がやっているのを見たこともないし、単にマスコミやアニメでネタ扱いされているだけのようにも思います。

 >みんなほんとにかぶってるんやろか?
 ⇒かぶってます。

 えぇ~面白くない?地味だけど、だまって食べろなんて面白いよ。一番最初にチャレンジしたのが太巻きだったんだけど、最後まで口から離さず一気に食べるのが『丸かぶり』だって聞いて、最後まで一気に食べたんだけど、口から離さない…ってのは難。飲み込む時もかぶりついたままだから途中でオエッv-394ってなった。でも、それが面白かったよ。なんだかんだ毎年やってますが、『丸かぶり』は細巻きでやってます(たくあんとかかっぱとか…)。

 >「恵方を向いて黙って食う」
 ⇒面白いじゃんv-291。完全に踊らされてるねv-441

Re: タイトルなし

>  >みんなほんとにかぶってるんやろか?
>  ⇒かぶってます。
をを、かぶり第一号発見。

>  えぇ~面白くない?地味だけど、だまって食べろなんて面白いよ。一番最初にチャレンジしたのが太巻きだったんだけど、最後まで口から離さず一気に食べるのが『丸かぶり』だって聞いて、最後まで一気に食べたんだけど、口から離さない…ってのは難。飲み込む時もかぶりついたままだから途中でオエッv-394ってなった。でも、それが面白かったよ。
そうか、面白いのか・・・その地味さが面白いのかもしれませんね(遠い眼)。

>  >「恵方を向いて黙って食う」
>  ⇒面白いじゃんv-291。完全に踊らされてるねv-441
まあこういうものは「踊らにゃそんそん」なのかかも。

大阪人と京都人を両親に持つ私です。小さい頃から毎年やってましたよ?むしろ関東に来たときはやっと時代が追いついた!みたいな感じでした。しかしハーフ恵方巻は認めません。縁起物をケチっっちゃいかんですよ。

恵方は風水が元なんじゃないかと思ってます。関西の風習ですから大陸系の思想の影響が強いのではないかと。どっかの寿司屋がうまいこと考えたんでしょうねw
黙って食べるというのも鉄則です。陰気臭くはありませんよー。家族全員が恵方を向いて無言で食べるので、むしろ笑いを堪えるのが大変でした。食べ終わったらわぁっと笑うのです。

しかし恵方巻は予約して買うということに非常に違和感を覚えます…廃れないのは人口移動が激しくなって関西人も関東にたくさん来たからだろうと思うのですが、コンビニほど恵方巻の似合わない店はないです!一人でやったって何の面白いことがあろうかと思いますけどねー。

しかしもっとわけわからんのは節分そばだと思うのです。陰暦なのか陽暦なのかはっきりせい、と思いますw

>むしろ関東に来たときはやっと時代が追いついた!
をを、関西の方はそう思われるのですね。まあ、それはそうなのかも。

>家族全員が恵方を向いて無言で食べるので、むしろ笑いを堪えるのが大変でした。食べ終わったらわぁっと笑うのです。
なるほど・・・コント的に食べるのですね。

>廃れないのは人口移動が激しくなって関西人も関東にたくさん来たからだろう
似たような風習で、地蔵盆というのがありますね。これも京大阪では盛んなのに、滋賀まで行くと、盛んでなくなってくる。ハロウィンに似てることから、いずれ関東上陸か?
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。