スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が家の大師さま

さて、どこに発毛出に行こうか。(注:この文章は1月3日に書かれたものです)

近場としては明治神宮があるが、ここは以前、痛い目に逢ったことがあるので遠慮しておく。何しろ原宿駅から既に行列は並び、ひたすら後は賽銭箱までベルトコンベア状態。

屠殺を待つ家畜のような気持ちにさせられ、最後には金まで出さなければならないと言うのだから、踏んだり蹴ったりとはこのこと。ただ幅広の帽子をかぶっていると、そこに賽銭がどんどん投げ込まれるので、小銭が稼げるというメリットはある。

関東には3大初詣というのがあり、明治神宮、成田山、川崎大師がそれにあたる。それぞれ2百万人以上の参拝客を集める古刹・名刹であるが、明治神宮はごらんのありさま。成田山は成田空港のそばにあり、ちょっと遠い。そこで比較的ちかい川崎まで行くことにした。

川崎までは自転車で行けるが、今回は子連れなので、電車で行くことに。

川崎と言えば、京浜急行である。おあつらえ向きに、川崎大師までは京急の支線も走っている。。。。のだが、川崎駅ホームから、既にすし詰め状態。正月も3日を迎え、参拝客も減っているだろうと目論んだのがあさはか、と言うことを思い知らされる。


今でこそ、大京急のしがない1支線だが、そもそもこの大師線というのは、京浜急行の本線であった。

東海道の川崎宿と、そこから2kmはなれた川崎大師を結ぶ「大師電気鉄道」が、京急の発祥である。開通してみると、予想を肥える大人気に気を良くし、川崎から南北に路線を広げ、終には東京から横浜、三浦半島をつなぐ一大私鉄となったわけである。

その川崎駅を出ると、次は「港町駅」という、詩心をくすぐるような名前の駅になるが、横浜港のようなエキゾチックな雰囲気はなく、工場労働者を運ぶ通勤駅で、およそ殺風景。近くには競馬場さえある。

その次の次の駅が、川崎大使駅だが、ここから寺までは5分くらい歩く。もう少し近くに駅を作れば良かったと思うのだが、門前町の反対などでできなかったのだろう。


川崎大師。俗に関東三大大師と呼ばれる寺の一つである。関東三大大師というのは諸説あるが、巷では川崎大師、西新井大師、佐野厄除け大師と捉えられているようだ。

だがこのうち、佐野厄除け大師の方は大師は大師でも、天台宗の元三大師を祀るものであり、川崎・西新井の大師は、真言宗の弘法大師を祀るものである。

真言宗には幾つか分派があるが、そのうちの智山派は、関東に3つの支店(=大本山)をもつ。東京・高尾山の薬王院、千葉・成田山の新勝寺、そして川崎・金剛山の平間寺が、川崎大師である。

平間寺は、海中から引き上げられた大師像を祀るために建立された、という由来伝承を持つが、これは浅草寺と同じ伝承で、事の真偽は疑わしい。

ただ、平安末期に、この地に真言宗の根本道場が造られたのは事実のようである。真言宗は既に千葉成田に寺を持っていたが、関東が開けるにつれ、支店網を拡張する必要に駆られたらしい。

当時、この辺りは海岸で、地元漁師らの自然発生的な寺社が、真言宗に組み込まれたと見るべきだろう。

やがて江戸に幕府が置かれ、川崎宿が開かれると、平間寺は東海道の旅人で繁栄し、将軍も参拝するほどの寺格となった。現在の川崎大師の基礎は、江戸時代に築かれたと言っていい。


そんな川崎大師だが、門前町からすでに混雑している。もう少しいくと、混雑は行列になり、びっちりと足の踏み場もない状態に。

そしてそこから一時間半も並ばされて、ようやく山門に着いた。

子供など、もう疲労困憊の呈である。そして参拝だが、参拝も入場制限があり、放送の指示に従って本殿に入ることを許される。階段を上って賽銭を投げ入れ、後ろから押し寄せる参拝客にせっつかれて、階段を下りる。

なんだ、これじゃ明治神宮と同じだ。

そう気づいたときは既に遅く、日は暮れにけり。来年は家でじっとしていよう、と決意した草臥れ損の初詣であった。

コメントの投稿

非公開コメント

笑える

 Lepさんのこういう記事面白くて最高。情景が浮かんで笑えるe-257
 >原宿駅から既に行列は並び、ひたすら後は賽銭箱までベルトコンベア状態。
 ⇒えぇぇ~そんなに凄い距離?私なら諦めて帰る。

 >ただ幅広の帽子をかぶっていると、そこに賽銭がどんどん投げ込まれるので、小銭が稼げるというメリットはある
 ⇒お賽銭がすっぽり帽子に入るように微妙に頭の位置を動かすLepさんを勝手に想像してニンヤリしていますe-264
 
 川崎大師もそうだったんですね。しかもお子ちゃんも一緒。可哀想に…よく我慢できたね(出来なかったかなv-11?)。途中で帰りたいとかお腹すいたとか言わなかったですか?子供は小さいから景色も見えず、大人の足だけ見ていたんだろうね。可哀想。Lepさんもお疲れ様でした。

 来年は(誰かが連れてってといわない限り)近所の神社ですませるつもりです。 

Re: 笑える

>  >原宿駅から既に行列は並び、ひたすら後は賽銭箱までベルトコンベア状態。
>  ⇒えぇぇ~そんなに凄い距離?私なら諦めて帰る。

まあ駅から神宮まではすぐなんで、そんな大した距離ではないんですけどね。

>  >ただ幅広の帽子をかぶっていると、そこに賽銭がどんどん投げ込まれるので、小銭が稼げるというメリットはある
>  ⇒お賽銭がすっぽり帽子に入るように微妙に頭の位置を動かすLepさんを勝手に想像してニンヤリしていますe-264

メキシコのソンブレロ帽や、麦藁帽子、オーバーのフードが最適・・・って、やってませんてばw。フィクションです。ええ、きっと。

>  川崎大師もそうだったんですね。しかもお子ちゃんも一緒。可哀想に…よく我慢できたね(出来なかったかなv-11?)。途中で帰りたいとかお腹すいたとか言わなかったですか?子供は小さいから景色も見えず、大人の足だけ見ていたんだろうね。可哀想。Lepさんもお疲れ様でした。

子供はチョロチョロ走り回っていたんですが、終わりごろにはぐったりしてました。

>  来年は(誰かが連れてってといわない限り)近所の神社ですませるつもりです。 

それがいいですね~。連休中に行ったネズミーランドのように(レストラン待ち1時間)、もう5年間は行かないつもりですw。
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。