スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飯島愛死す

「飯島愛死す」

というので、早速現場に行って見た。現場は渋谷駅にほど近いタワーマンション(インフォスタワー)。セルリアンタワーの裏側に当たり、いつもは静かな場所だが、今夜は報道陣が詰め掛けて騒然としている。


大きな地図で見る

周辺は高級住宅地。芸能界で荒稼ぎした飯島ならではの住宅だが、同じ高級宅地でも六本木や代官山を選ばず、渋谷にこだわった点は、彼女のコギャル性を表しているようにも見える。


飯島愛。そっちの世界から芸能界入りした女優には、美保純や東てる美などの先輩がいるが、飯島愛はアイドル→タレント路線に転進し、成功を収めた。

成功の秘訣は、頭の回転の速さ、先見の明の良さ、にあったと言われる。

AV女優として活躍していた時から、彼女は稼業に見切りをつけ、転進を考えていた。転進するための条件は「本番をしないこと」。彼女の裏ビデオが流出しないのは、この理由による。

もちろん、AV業界など海千山千の男どもが跋扈する世界だから、その中で本番せずに切り抜けるには、かなりの努力と能力が必要だったことは、想像に難くない。

そしてその力を芸能界に向けたとき、彼女の成功は約束されたものとなった。

「女紳助」とまで呼ばれるトークのうまさ。豪胆なようで、細心な人扱い。コギャルがそのまま成長したようなファッションと姉御気質。彼女の前では、AV出身であることすら、汚点というより武勇であった。


その彼女に翳りが見え始めたのは、5年ほど前だろうか。何か生気のない顔を、TVで目にすることが多くなった。

病気という話もあれば、精神という声もあった。

自伝的な小説をものしたのも、この頃である。文章を書いたことのある人なら分かると思うが、執筆作業はかなり精神に負担をかける行為である。芥川、川端、太宰、三島。日本近現代文学者のうち、自殺、早世しなかった者の方が少ないかもしれない。

AV、芸能界、小説というストレスの多い仕事をこなし続けた結果なのかもしれない。

もちろん、死因は検視を待たねばならないが、彼女は死ぬべくして死んだという印象もぬぐえない。十分に賢いはずの彼女は、どこか、幼い部分を過剰に持っていたように思う。そのアンバランスさが、彼女のキャラの面白さでもあったし、彼女もそれを認識していたフシがある。

彼女が芸能界を選んだのは、そのアンバランスさが価値をもつ市場でもあったからだろう。


だがもう30代後半という年齢は、そのアンバランスさが「痛さ」に転換していく年齢でもあった。そしてそれに直面した人は、幼さを捨てて大人になる道を選択するのだが、悲しいことに、彼女の幼さは、おそらく彼女の本質に根ざしたものであった。

彼女にとって幼さを否定することは、自分自身を否定することだったのである。

通常人は、もっと早い時期に自分の幼稚性に向き合い、これを克服していく術を覚えるが、彼女の場合、幼少時の虐待から逃れるために、幼稚性という砦を築き上げてしまったように見える。ロリ幼女という壁の向こうに隠れていれば、大人たちはそれ以上攻撃することはできないからだ。

また、その壁の後ろで、少女は大人たちを辛辣に観察することが、できるのである。たぶん、彼女の「賢さ」は、そのような逃避の副産物だったのだろう。彼女がAVを選んだ理由も、そこが彼女に幼女という壁を提供してくれる場だったからだろう。(彼女はロリで売っていた)

そしてその壁を壊して現実に向き泡なければならなくなったとき、彼女はむしろ死を選んだ。その日を選んだのは、たぶん、クリスマスを見たくなかったからだろう。


いずれにせよ、飯島愛というタレントはこの世から退出し、我々は彼女の姿を目にすることはもう二度とないわけだ。

もちろん、その隙間は別のタレント-青木さやかやら、国生さゆりやら-が狙っているわけだが、それは似ているようで違うタレントであり、飯島愛を丸ごと穴埋めできるタレントはいないのである。

たとえばベッキーや森三中は居なくなっても、すぐに代わりを見つけることはできるように思う。その意味で彼らは芸能界という娯楽機械の1部品でしかない。

しかし飯島愛とか島田紳助とかは、そのような部品では代替できない、泥臭いテイストを持っている。それは、彼らが芸能界がまだ機械化していなかった70、80年代にデビューしたからなのだろう。

不良やらボクサーやらAV女優やら、奇妙な出身の人々が、おかしく歪んだ味付けでテレビを騒がす。そういった時代がたぶん今日、終わりを告げたのだろう。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

飯島愛の死を江原啓之は伝えていた。

飯島愛さんの死を江原さんが予言している動画です。よかったらご覧ください。

コメントの投稿

非公開コメント

どうも

はじめまして、
このサイトは文章が読みやすく、また内容が解り易くて良いですね。
宜しければ、相互リンクをして頂ければ嬉しいのですが・・・どうぞ御検討してくださいませ。

納得

正直なところ、飯島愛という人の人生については、亡くなって初めて納得できたような感があります。元AV女優は早死にする率が高いというのもありますが、彼女の場合どこまでも身を切り売りしているような生き方でしたからね。

 スマップの仲居君とか大竹しのぶが出ている番組を最後に彼女が辞めるときに、どこかの有名な占い師さんが出演して『あなたは病気だけど、辞める理由は他にあるでしょ。今は頑張って芸能界をやめずにいなさい、そうでないと死ぬことになる…』って番組が終わってもずっと説得してたの。でも、引退しちゃって…。その占い師さんが言った通りになってびっくりしちゃった。何があったのかな?あんなに無邪気で元気だったのに…。孤独死みたいな感じで可哀想。安らかに眠ってほしいです。

はじめまして!
通りすがりにお邪魔させて頂きました^^
宜しければ私のところにも遊びに来てくださいね~^^
応援ポチポチ! それでは失礼します^^

最初から最期までドラマの中のような人物でしたね。自伝小説にしても、AVにしても体と精神を切り売りするような人生だから消耗がはげしかったのでしょう。そういう道を選んでしまったというのはやはり根本に親の愛情が欠落してたんだと思います。(逆にそれさえあれば人は大きく道を踏み外さないはずで、芸名が皮肉…)彼女のような人が増加してる社会だから、代表として芸能界で活躍してる意味があったというのに、残念ですね。

>そうでないと死ぬことになる

人に絶対言ってはいけない言葉ですよ。特に彼女のような人には。もし本当にそう見えたんだとしても、「死」の予言を口にする占い師ってなんともイヤですねぇ。

そういやスパ爆発とか現場見に行くの好きですね。lepさんって、意外と野次馬www
私は想像力がたくましいからかそういう現場は苦手です。

きうりんへ
>亡くなって初めて納得できた
確かにそうですね。それだけリアルタイムの中に生きていた人、ということができるでしょうか。ただ切り売りしていた、というより、それに頼って生きていた、という感じがします。ネタが尽きたので後は死ぬしかなかった、という。

にこさん、Ravさんへ
心理学に「自己成就」という言葉がありますが、もしかしたら、その占い師の言葉が心に引っかかっていたのかもしれませんね。。。まあ、占い師にとって「死」というのは常套文句としても。

Ravさんへ
ヤジウマ根性は王政ですね~。基本的に過敏なので、事件や祭りがあるとそわそわしてしまいます。また、S谷は事件がやたら多い・・・ガス爆発に火薬爆発(市街地で火薬を製造するなよ)、妹殺しに夫殺し、麻薬売りに服用自殺。
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。