スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぐぬぬ

gnn-all.jpg (click拡大)

ぐぬぬ。

悔しそうな、それでいて、内にこらえているような少女の顔、顔、顔。俗にいう「ぐぬぬ画像」である。元ねたは「一期ましまろ」のアナ・コッポラちゃん。

gnn-ana.jpg

これはいじめっ子のみうに、「穴・骨洞」とからかわれて悔しがっているサマ、とくに塩をかけられたナメクジよろしく、口元がギリリと歪んでいるサマなのだが、その姿がネット住民らにウけ、虹裏などで改良バージョンが量産された。

その数、数百種類。苺ましまろは元より、ねぎま、けいおん、絶望先生、シャナ、Qブレイド、とらドラ、メイデン、サキ、ミク、アイマス、はては阪神タイガーズまで、驚くべきことに、日本の生み出したキャラは、およそ全てがこの「ぐぬぬ形式」にフォーマットできる。


この単純な○で構成された造詣の系譜は、ドラえもん、サザエさんの丸顔、さらにはのらくろ、タンクロー、タコ八、正チャンや、ノンキ父さんまで遡ることができる。大正末期~昭和初期の漫画群である。

このルーツを北斎漫画や鳥獣戯画に求める人は多いが、毛筆による絵画的な描写である「鳥獣戯画」と、ペンによる図形的な表現である「のらくろ」を同一視することは適切でないだろう。

「のらくろ」や「ドラえもん」に特徴的なのは、○や□を組み合わせて構築された顔やボディであるが、実はこれは20世紀初頭、ドイツではやった「単純主義」の直輸入である。

単純主義とは、できるだけ簡素な描写で表現しようという流派で、「タンタン」や「ひとまねこざる」にはそのスタイルが顕れている。(タンタンの作者はベルギー人、こざるの作者はドイツ人)


もちろん、単純主義の背後には、同じく単純な幾何的表現を旨としたロシア構成主義や、アールデコの影響を見て取ることができるだろう。あるいは、さらにキュビズムやバウハウスの匂いを嗅ぐこともできる。

19世紀後半、ビクトリア朝イギリスでは鉄とガラスによる新しい建築が実用化され、それまでの装飾的・凸凹的だった町並みが、幾何的・直線的なものに変質しつつあった。

その変質をいち早く嗅ぎつけたのがピカソに代表されるアヴァンギャルドな芸術家たちであり、彼らの作った潮流「キュビズム」の流れの支流に、ドイツ単純主義、そして日本の現代漫画が乗っているのである。
スポンサーサイト

そらのおとしもの

そらのおとしもの 限定版 第1巻 [DVD]そらのおとしもの 限定版 第1巻 [DVD]
(2009/12/25)
保志総一朗早見沙織

商品詳細を見る


毎期毎期、数多くのアニメがラインアップされ、ネタ切れしないかとハラハラして見ているがw、さすがに昨今はめぼしい作品が少なくなったてきた。

00年代初頭、世界的なサブプライム景気をうけて日本でもプチバブルが発生。アニメはカネになる、というので、余剰資金がア大量にニメ業界に乱入した。

2005~6年には、当時外務大臣だった麻生太郎が「アニメ好き」を表明したこともあって、ブームはピークをむかえる。

当時のラインアップは、「苺ましまろ」、「ローゼンメーデン」、「ケロロ」、「マリみて」、「プリキュア」、「なのは」、「ARIA」、「ねぎま」、「地獄少女」・・・などがあり、いかに豊作だったかが窺える。

しかし金融危機以後は注目を浴びるような話題作は減り、息切れが心配される事態に陥っているが、今期の「そらのおとしもの」は、その中で気を吐いている一作だ。


平和に暮らしていたスケベな少年・ともきに、ある日「そら」から降ってきた美少女アンドロイド・イカロスが巻き起こす、いわゆる「押しかけ女房だっちゃもの」。(エロ要素が強い点からは、むしろ「ユリア100式もの」に近いか?)

だが、それでは芸がないというので、そのアンドロイドが実は大量殺戮ロボであった、という伏線が張ってある。しかもその戦闘力がハンパなく、日本一国を丸焼きできるほどっつーのだから、「最終兵器彼女」や「エルフェンリート」を彷彿とさせる。

んで、そのアンドロイドの正体は「浮遊大陸(そら)」にすむ、先進人類の工芸品なのだ。そこに囚われている女性科学者(アンドロイドの海の親)が主人公に託したもので、主人公らはやがて彼女を救いに「そら」に上っていく・・・というわけだが、当然作品の醍醐味はそこには「ない」w。

醍醐味はイカロスと、ともきとの掛け合いだ。感情がなく、人間世界にも疎いイカロスの日常は「ボケ」に満ち満ちており、それを主人公が広いあげて笑いにしていく。この「白痴美」は既に様式化されているのだが、やはり笑いと萌えを両立させるのには、センスがいる。

この作品はそれをクリアし、かつほのぼの感とスリル感を高い地点でバランスさせた良作だが、アニメ化ペースの速い角川(「少年エース」掲載)にしては、アニメ化は遅かったといえる。「大人の事情」があったのだろう。


物語は、この世界が空上世界の住民らの「夢」だった、という地点で終わっている。主人公は、彼に恋する少女の夢、もしくは妄想なのである。

少女が目覚めれば主人公は霧散し、主人公が生きながらえようとするなら、少女は永遠に眠りについている必要があるという、ジレンマがそこにはある。

そのような設定の場合、かつては「少女を無理やり覚醒させ、現実に直面させる」、という解決が多かったように思う。「果てしない物語」でも、苦悩しながらも、少年は物語世界から脱出したものである。

(「ナルニア」では、最後に4兄弟は死に、アスランの世界に入り込む。一見現実逃避のようにみえるが、実はアスランの世界こそが真実世界だという含意がそこにはあり、その意味で4兄弟は最後になって、はじめて「現実」に直面したのである)


しかしディズニー映画「トロン」や、板橋しゅうほうの「アイ・シティ」ころから、虚構世界のなかにリアリティを見出して行こうという動きが見られるようになった。いわゆる「Virtual Reality」に基づいた世界観である。

その流れは「甲殻機動隊」や「電脳コイル」などに引き継がれ、今では虚構と現実が入り乱れて世界観が、逆にリアルになってきている。

そうすると、「そらのおとしもの」も、単純に少女が目覚めて「夢でした」、で終わるとも思えない。そこには何らかのドン伝返しがあると、期待したほうがいいだろう。

自分的には、夢の世界たる地上世界が実体化し、トモキと少女が結ばれるというハッピーエンドを描いているが、そうするとイカロスら、トモキに恋するアンドロイドらのラインはどう処理するか、という問題がある。幼馴染の準ヒロイン、そはらの処理も頭が痛い。

「エルフェンリート」はそのヘンをヒロインの自死、という形で解決したが、作者にはそのような安直な形でなく、ぜひとも全員が幸せになるような終わりを用意してほしい。

テーマ : そらのおとしもの
ジャンル : アニメ・コミック

ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。