スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルクエ アイスキューブトレー(ペンギン)

ルクエ アイスキューブトレー(ペンギン) 68021ルクエ アイスキューブトレー(ペンギン) 68021
()
Lekue

商品詳細を見る


夏を演出する小道具といえば、やはり氷ですね。

本日ご紹介するのは、ペンギン状の氷をつくる製氷皿ですw。

スペインはルクエ社製の、ひとにも環境にもやさしいゴム製だから、氷をとりだすのも、お手入れもカンタン。

日本ではお目にかかれない、ステキなカラーリング、デザインセンスも、ヨーロッパならではのものです。

・・・・


スポンサーサイト

続きを読む

テーマ : 素敵な雑貨
ジャンル : 結婚・家庭生活

ヶガ

ときどき外国の方に日本語をおしえているのだが、今回の質問は「ヶはどうしてガと読む?」。

なるほど、「霞ヶ関」「堂ヶ島」「鬼ヶ島」は、すなおに読めば、「かすみケせき」「どうケしま」「おにケしま」。日ごろは「ヶ」は「ガ」に脳内変換されるのでこういう疑問を持たないが、外国人はそのような脳内回路をもたないので、疑問におもわれるようだ。

もっとも、「ヶ」は「ガ」だけでなく、「カ」と読むこともある。「二ヶ月」「一ヶ所」という使い方だ。

実は、「ヶ」はかたかなの「ケ」ではなく、漢字の「箇」が元になっている。この竹冠だけが抜き出され、簡略化されて、「ヶ」になったのである。そして「箇」は「個」と同じく、数詞である。元来は

     「二箇月」「一箇所」

と書いていたのを省略して、

     「二ヶ月」「一ヶ所」

と略記したわけだ。これが普及すると、「カ」を「ヶ」と書くのが簡単でクール、というので「カ」音と発音の近い「ガ」音までもが「ヶ」と書かれるようになったのらしい。結果、

     「霞が関」「鬼が島」

     「霞ヶ関」「鬼ヶ島」

とも書かれるようになったのである。

テーマ : ことば
ジャンル : 学問・文化・芸術

ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。