スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知られざるタイガーバーム

タイガーバーム。香港やシンガポール土産として有名で、日本でも龍角散社が販売している軟膏だ。

もっとも30代以上の人なら、むしろ「タイガーバームガーデン」としての方が通りがいいかもしれない。

タイガーバームガーデンとは、香港にあった悪趣味な庭園で、タイガーバーム社創始者、胡文虎の邸宅であった。

スポンサーサイト

続きを読む

江戸の占い

江戸の占い江戸の占い
(2004/08/11)
大野 出

商品詳細を見る


江戸時代というのは、現代に似ていてかつ素朴さがあるという、面白い民俗である。なかでもとりわけ「占い」の分野は、民俗臭がぬきんでている。

江戸の占いは中国の影響下にあったが、その中からこの本では「御神籤」、「夢占い」、「顔相」を抜き出して解説している。

顔相を見てみてみると、当時の人々は栄養状態のせいか、髷のせいか、現代とは違ってかなり顔相が違っていたようだ。史料は占いの手引き本だから、誇張されているのかもしれないが、江戸の風俗は現代とは異質のものだった、とする意見はほかにもある。

たとえば「ロボット歩き」。現代人は手足を互い違いに出して歩くが、江戸人は同時に出し、ロボットのようにカクカクと歩ていたという。右手と右足を同時に出したら、さぞかし歩きにくかろうと思うのだが、その説によれば、むしろ現代の我々の歩き方のほうが不自然で、人間は生まれつき江戸歩きをするのだという。

もっともその説は浮世絵などの考察から生まれたもので、絵画には「絵画的表現」があることを忘れている。たとえば春画を見て、江戸人の性器は現代人の二倍ある、と主張するのがおかしなことのように、当時の絵から「だから江戸時代はロボット歩きだったのだ」と結論づけるのは、短絡的だろう。


続きを読む

ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。