スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スパコンは本当に必要か?

始めて査定プロセスが公開された事業仕分け。連日大きな話題になっているが、反対派の意見がなかなか面白い。

中でもスパコン開発に代表される科学技術屋の反論がイケている。いわく、「科学技術は仕分けにそぐわない」、「科学技術立国を目指すなら、費用を度外視すべき」、「ここまで積みあがった成果を無に帰させるのか」・・・

一理はあるが、もしその言に従うのなら、日本の科技費は第二の公共事業化してしまうのは、目にみえている。すでに時代は費用対効果、コスト意識が決定的になっているのに対し、まだ甘い夢を見ている科学技術者の限界が露呈した感じだ。


一般に国の科研費の査定はあまい、と言われている。ソフト一本の開発に数百万、数千万つぎ込むことも稀ではない。それを民間委託すれば、数十万程度で完成する。無駄がおおい、と言われる所以だ。

同様にスパコンの開発費1,154億円も、適正に使われているとは考えづらい。スパコン計画では、神戸ポートアイランドの一角に土地を取得し、冷却設備・変電設備を備えたビルをおっ建てる予定だが、そのようなハコモノ・コンピュータが本当に必要なのか、うたがわしい。

というのは、コンピュータを連結して計算を行う分散コンピューティングが常識化した90年代以降、スパコンの存在意義が大きく低下したからである。

原発のような威容を誇るスパコン設備を利用しなければならない必要性は、先端研究に限られるようになり、スパコンの需要が激減したなか、NECのようにスパコン開発から撤退する企業も出てきている。


そこで、「スパコン仕分け」に反対している人には、先端研究者がおおい。研究に携わってきた自分としても、スパコンが全く不必要だとはおもわないが、1千億円超の予算は、あきらかに行きすぎである。

1千億といえば軽くダムが建つ金額であり、医療費が払えずに病死に追い込まれている人々100万人を救える金額でもある。

科学者側は、「科学技術は日本を豊かにする以上、予算は削れない」と強く反論するが、そのような主張をぶつ前に、自分たちの研究が病死者の上に成り立っていることを、まずは自覚すべきろう。

一体に科学の世界では科学至上主義がはびこってきた。なまじそれが生活の役に立つだけに、それは国家の支援を受け、いわば「官学共同体」のようなキメラにまで成長してしまった。母体が衰弱死しかかっているのに、そのキメラはもっと、もっとと母乳を欲している。

そして国民もまた、「ムダもやっぱり必要よね」と学問の力に納得させられてしまう。日本に必要はなのは、学の外から学を捉えなおすだけの視座なのだが、その視座そのものが学に含まれてしまうほど、その病根はふかい。


スパコンにもどれば、予算をつけるなら、むしろ計算処理をコーディネートするソフト・パワーだろう。研究者の処理要求を、現存のコンピューティングパワーでやりくりする部署を作ることで、計算力の有効活用を図るわけである。

有効活用すれば、スパコンでなく、通常の高性能コンピュータ程度で処理が済むものも多い。何が何でもスパコン頼み、という贅沢はもう許されないだろう。

ましてや「No1は夢を与えるから」、「(仕分け業務を担当した)レンホー議員が気に食わないから」などの批判はあまりに貧困である。

たとえばアゴラの西氏の発言は、この類に入る。


西氏は蓮舫議員がコドモに中国風の名前をつけたことから、「感覚は中国のひとなのであろう」とし、さらに進んで、「その生まれた国の意向がある」、などと素晴らしい推論を行っている。つまり彼は、「蓮舫議員が中国出身だから、中国政府の意向を受けてスパコン廃止を行った」、と言いたいわけである。

ところがここには大きな事実誤認がある。じつは、当議員は、中国生まれでなく、日本生まれでなのである。また親も中国人でなく、台湾人である(母親は日本人)。(wikipediaより)

要するに西氏は、wikiに書いてあるような簡単なリサーチもせずに、感情論でスパコン仕分け批判を書いたことが明白なのだが、さらにイタイことに、彼は続けて、「蓮舫議員が、もしアメリカの議員でああいう発言をアメリカ議会の会議でしたら、たいへんなことになるであろう」、としている。

自分は長年アメリカに住んでいたが、アメリカの国会で議員が「先端プロジェクトの見直し」を求めたからといって、たいへんなことになった、ということを見た覚えはない。たとえばクリントン政権時代、宇宙開発費が大幅に削られたが、それで「たいへんなことになった」ことは寡聞にして聞いたことがない。

むしろ「たいへんなことになった」のは、議員が西氏のような人種差別的な発言をした・された場合である。移民の子孫の国会議員に向かって、「アメリカの心を知らない」、「外国の意向を受けて行動している」などといったら、良くても告訴である。


このように、スパコン反対派の議論は、冷静さに欠けるものがすくなくない。西氏に至っては、ナショナリズムの延長線上にスパコンを捉えている危うささえ、見受けられる。

確かにアメリカや中国に打ち勝つだけのスパコンを持ちたい、という気持ちも理解できなくはないが、そのために1千億円を費やすのは、およそ理性ある判断とは言えないだろう。
スポンサーサイト

ビッグリップ理論

最近、宇宙論の勉強をさぼっていたら、「ビッグリップ理論」とゆうものが出てきて驚く。

宇宙が膨張している、というのはよく知られた事柄だが、膨張が止まるかどうかについては、従来から議論があった。

宇宙は永遠に膨張し続ける、とする人もいれば、いつかは膨張をやめて、収縮に転じるだろう、と主張する意見もあり、その違いは「質量」に帰着できた。

質量は重力を生み出し、重力は膨張を引き止める働きをする。したがって、宇宙全体の質量が十分に大きければ、膨張の勢いはやがて弱まり、ついには反転して収縮がはじまる。風船においてゴムの力が強いと、その力に押されて風船がしぼむのと、似た原理である。


そこで恒星や惑星、彗星や小惑星などの質量をしらべたところ、膨張を反転させるには全然足りないということが分かり、「永遠膨張説」が主流になった。

この説によれば、最終的には、この宇宙は「凍死」を迎える。現在、宇宙が活気に満ちているのは、十分な量の質量が狭い空間に凝縮することで、恒星が生まれるからだ。

だが宇宙が無限に広がっていくと、そのような凝縮は起こらなくなり、遠い未来には、全ての恒星は死に絶え、新しい恒星も生まれないので、宇宙は真っ暗闇になる。

人類はそのときまでに絶滅している可能性が高いが、もし生き残っていたとしても、彼らは絶対零度の宇宙の中で凍り付いていることだろう。なんとなれば暖を取るべき物質はそのときまでに、すでに無限の彼方に消え去り、彼らの手元には何も残されていないからだ。


しかし研究が進むにつれ、宇宙の物質は恒星や惑星だけでないことが分かってきた。星間に漂うガスなど、目に見えない「暗黒物質」も大きな質量を占めることが判明。さらに観測装置の進化により、ニュートリノなど、従来の観測装置には引っかからなかった楚粒子が観測できるようになり、宇宙には現在観測できている以上に大量の物質があるらしいということが認識されるようになった。

質量が十分な場合、膨張力は重力に負け、何十億年、何百億年か先には、宇宙は収縮に転じる。収縮は最後の一点まで容赦なく宇宙を押し込み、全ての星は素粒子に、そしてエネルギーに引き戻される。これを「big crunch」という。未来人は押しつぶされて死ぬか、その前までに恒星との異常接近によって焼死していることだろう。

宇宙が一点になったときは、方程式でいうと特異解に相当し、その振る舞いは不明である。つまり、現在の理論では、そのあと宇宙がどうなるかは予測できない。が一説によれば、その後宇宙は再び膨張に転じ、膨張、縮小という「輪廻」を繰り返すのだという。


宇宙が凍死を迎えるのか、それとも一点に凝縮されるのかを判断するには、宇宙の構成物質量を綿密に調べ上げる必要がある。90年代以降、ハッブル宇宙望遠鏡、チャンドラーX線観測衛星など、人工衛星を利用した観測装置が実用化されるにつれ、データが揃ってきた。

そして膨張スピードを精密に調べ直した結果、意外な事実が明るみにされたのである。それは、「宇宙は<加速度的に>膨張している」、ということであった。

これまでは、「宇宙は当初爆発的に膨張した後、膨張スピードを弱めて行った」、というのが定説であった。しかしその常識とは逆に、「宇宙はしだいに膨張の勢いを強めている」ことが判明したのである!

加速しているからには力が働いているわけだが、その力の源はなんだろうか?


観測データからは、あたかも真空自体、エネルギーに満ちており、斥力を働かせているように見えるので、これを「暗黒エネルギー」という。

つまり、宇宙には引力となる「暗黒物質」と、斥力をもたらす「暗黒エネルギー」の相克によって成立している。そして観測からは、後者の方が優勢なため、いずれ宇宙の膨張は無限の速さになる。

すると星は重力によってその形をとどめることができずに、粉々に分裂してしまう。残された人類も、生物も、細胞間をつなぐ分子間力などが膨張に負けて、四分してしまう。原子もまた、素粒子がくっついて出来上がったものなので、やがて崩壊してしまう。そして全ての物質は素粒子に還元されてしまう。

このような暗澹たる現象をビッグリップといい、暗黒エネルギーが一定なら避けられない未来だという。


もっとも暗黒エネルギーについては、まだ分からないことだらけで、一定かどうかも分かっていない。これが時間変化するなら、将来暗黒エネルギーが小さくなることもあり、その場合は膨張力が弱まって、宇宙は均衡・収縮するというシナリオも想定可能だ。

そして、そこに未来人類たちの意志が介入することも、考えられるだろう。そのときに至って、宇宙が生命を生み出した意味が明らかになるのかもしれない。

ピラミッド・トンネル

ピラミッドには幾つもの謎がある。内部トンネルをはじめとして、そもそも建築法自体、よく分かっていない。

有力な説としては、直線状のスロープを作って石を引き上げた、としているが、これだと1キロ以上ものスロープを作らなければならず、実現不可能ではないが、不経済である。

もう一つの説としては、ピラミッドの周囲の足場を組み、螺旋スロープを作って引き上げるというものがあるが、炎天下のエジプトでは、そのような作業は労働者の疲弊を招き、効率的ではない。

従来はファラオの絶対権力により、採算は度外視され、奴隷労働者は酷使された、とカンタンに片付けられたが、研究が進むにつれ、当時のピラミッド労働は過酷なものでなく、社会事業的な福祉的側面をももつという説が有力になり、従来の奴隷労働説の見直しが求められるようになった。

またギリシャの歴史家ヘロドトスは、ピラミッドは20年で建設された、と記しており、上のようなやり方では、20年間では完成に漕ぎつけるのは難しいのである。

このような難問を解決したのが、フランスの建築家ジャン・ピエール・ウーダンである。


続きを読む

F22 VS F35

800px-Raptor_F-22_27th.jpg

世界最強とされる戦闘機・F-22Raptor。世界初のステルス戦闘機で、05年から配備が始まったばかりのアメリカの最新鋭機である。

ステルス性に加え、アフターバーナーなしでも超音速巡航できるなど、世界最強の呼び声も高い。(現主力戦闘機・F-15も超音速は出るが、アフターバーナーが必要。バーナーを使用すると数十秒で燃料が消費し尽くされるため、瞬発的に超音速は出せても、巡航はできない)

さらに高性能エンジンを備えていることから、STOL性(短距離離着陸能力)や格闘戦にも優れており、これに目を付けたのが日本政府だ。




続きを読む

勉強するとバカになる

IMEの調子が悪い。

「ほし」と入力しても、「星」が出てこない。「もえ」と入れても、「萌え」が出てこない。以前は出ていたのに、急に出てこなくなった。

調べてみると、Vista-IMEは学習機能をオンにしていると、単語を忘れていくんだそうな。勉強するとバカになるという、驚きのバグである。

しかしMS社に修正する気配はない。ひとつはマイクロソフトのIME開発が、中国にシフトしていること。日本に振り分けるだけの人的資源がないのであるが、それよりも競争相手がない、事実上の独占事業という点が真の理由だろう。

確かに日本語IMEには老舗のATOKや、フリーのsocial IMEなどが存在するが、わざわざそれをインストールして使うユーザーは少数。IMEはWindowsに付属するもの、というのが常識的である。

それをいいことに、WindowsのIME、特にXP以後のIMEは杜撰になっている。最初に書いたような変換不能に加え、おかしな変換が出てくることも少なくない。

同じMS社のソフト、OFFICEには、すでにOpen Officeなど、様々な対抗ソフトが出てきている。それらは無料や低価格で、叙所に(ああ、この変換もできない!)普及しているが、日本語IMEは市場が日本だけに限定されているせいか、なかなか競争が進まないのが難点。

ATOKは高価なこと、Social IMEはクラッシュしやすいことが、普及の妨げになっている。もはやIMEは文房具、つまり公器なのだから、公的に支援することを考えてもいいのでは、ないだろうか。

テーマ : Windows 全般
ジャンル : コンピュータ

ネットブックをかう

ASUS Eee PC 1000HA 10ASUS Eee PC 1000HA 10
()
不明

商品詳細を見る


当初、イロモノとおもわれていた「ネットブック」だが、発売から一年あまりを経て、すっかり定着した。電気店や量販店では、ネットブックのセクションが設けられ、常に人がたかっている。横のノートブック・セクションが閑散としているのと、好対照である。

機能を絞りこみ、その分やすくする。世界的な景気悪化をうけて、従来のハイエンドモデルの売れ行きが鈍るなか、この「500ドルモデル」は大きく売り上げを伸ばしている。

価格は公称5万円、実勢価格は4万、ときに3万円にまで達する。その代わり、大多数のネットブックにはDVDドライブはなく、DVDは読み込むことができない。どうしても読み込みたければ、外部ディスクドライブを買うか、それが付いているパソコンに接続するしかない。

画面も小さく、通常のノートの半分程度。新書を開いた程度の大きさしかなく、長時間覗き込んでいると、疲労も溜まってくる。

CPUはIntelの低電力消費・小型モデルの「atom」を載せており、クロック数は1.6GHz前後。通常の業務には支障がないが、3D処理、動画編集は苦しい。メモリも1GB前後では、Vistaを走らせるには心もとない。そのため、XPを載せている機種が多い。XPならライセンス料も安いので、そのぶん価格も下がるという仕組みだ。

総じていえば、ちょっとメールをチェックしたい、文書を作成したい、外出先で使いたい、というusageにふさわしいセカンド・マシン。それがネットマシンである。

続きを読む

テーマ : ノートパソコン
ジャンル : コンピュータ

ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。