スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

移転のお知らせ

ブログを移転しました。
http://blog.goo.ne.jp/gelt
までどーぞ。移転というより、元に戻ったんですがw。

読み応えのあるコンテンツは電子書籍パブーの方で公開してます。
http://p.booklog.jp/users/geltish
あわせてお楽しみください~。
スポンサーサイト

ドロヘドロ13

ドロヘドロ 13 (BIC COMICS IKKI)ドロヘドロ 13 (BIC COMICS IKKI)
(2009/05/29)
林田 球

商品詳細を見る


ドロヘドロも連載十年にして魔の13巻目、ついにその謎が解明されることとなった。

まずワニ男・カイマン=十字目ボス・壊(カイ)で、カイマンはボスの別人格というか、別頭だったことが判明する。これまでも「カイマンという名前は親近感がある」とか、「カイマンもボスも同じ服装でナイフの達人」などという伏線が張られまくっていたが、それはカイマンがボスだったとすれば氷解する。

ボスはカイマンの身体に潜んでおり、必要とあればカイマンの頭を落として胴体からせりだしてくる。この設定はジョジョシリーズの「黄金の風」(ドロヘドロ連載前に掲載)の二重人格ボス・ディアブロをパクったようだ。

ボスは魔法蒐集マニアで、魔法使いを殺しては、その頭部にある悪魔型腫瘍を抜き取り、自分の頭内に埋め込むのを常としていた。そうすることで、彼はその魔法使いの魔法を自分のものとすることができた。

また不要となった腫瘍は粉にされ、それを服用することで魔法が使えるようになる「黒い粉」として売買。黒い粉に群がった人々は万を数え、やがてエリート魔法使い集団・煙マフィアに対抗する、強大な反魔法使い集団・十字目が形成されたわけである。


さて、ボスの別人格・会川は、その親友・栗鼠が強力な魔法使いであることを知るが、それはそのままボスの知るところとなり、ボスは栗鼠を殺害し、その魔法を奪おうとした。

ところが栗鼠の魔法は「カース(呪い)」であり、自分を殺したものに呪いをかけるというものであった(この辺りの設定も、ジョジョの復讐スタンド・「ノトリアスBIG」と似ている)ため、ボスの頭には呪いにかけられ、損壊。代わりに会川頭がせり出してくるが、なぜかそこにトカゲ化する恵比寿の魔法が充満していたため、会川はワニ頭化した上に、記憶喪失となってしまう。

(恵比寿が死んだとき、カイマンのワニ化が解除されたため、恵比寿が魔法をかけたことが判明。カイマンの中にいるのは栗鼠(の呪い)であり、魔法使いの頭を飲み込みんでは、自分を殺した者を突きとめようとしていた)

恵比寿の魔法は数分で解けるが、呪いがかかっていたため、魔法は解除されず、会川は彷徨った挙句、(おそらくアイ時代の記憶をたどって)ホールの病院にたどりつく・・・

連載ではまだ明らかにされていないが、アイ=ボスも、ほぼ確定だろう。魔法が使えなかった少年・アイは、絶望的な手術を繰り返した挙句、ついに悪魔腫瘍を体内に取り入れることで魔法が使えるようになることを突き止め、十字目ボス・壊として君臨するようになったわけだ。

悲惨な少年時代を送ってきたせいか、壊は残虐無比な性格をしており、その罪滅ぼしか、別人格会川は(味方には)温厚な性格をもつようになったのかも、しれない。


そして物語はいよいよ終盤へ向かうわけだが、鍵となるのは、やはり二階堂の「時を操る魔法」だろう。この魔法はまだ進化途中なので先行き不透明だが、時間を操作することで、なんらかの解決が図られるのは街がいないとおもわれる。

物語のターニング・ポイントは栗鼠の呪いが発動した時、あるいはさらに遡って、アイが手術に成功しボスになることが確定したときなので、そのどちらかに干渉することで、壊を会川化したり、存在を消滅させたりすることが考えられる。

また煙ファミリーについては、ボスの身体が取り戻され、再生魔法をもつキクラゲも健在なので、壊から煙の悪魔腫瘍を取り戻しさえすれば、いつでも復活可能で、原作にも何本も伏線が張られており、これでは復活しない方がおかしいというものw。

復活した煙と、ボスとの第3ラウンドの闘いにも期待したいところだ。

祝¥ホームドア設置

何年にもわたって、ホームドアの必要性を論じてきたが、漸く世間が追いついてきた感じだ。

東京では南北線・三田線を皮切りに、丸の内線、副都心線でホームドアや柵が設置され、山手線も来年、(試験)導入の予定だ。

他の都市でも、横浜や札幌、大坂の地下鉄で導入されるに至り、国交省も重い腰を上げ、ホームドア義務化に大きく舵を切った。


ホームドアが必要な理由は、その安全性にある。

ホームドアのない中央線では、年間30件前後の人身事故が発生し、その半数が死亡するというデータがあるのに対し、ホームドア・柵を設置している南北線・三田線では事故ゼロ。

もちろん柵を飛び越えての自殺はなお可能だが、少なくとも過失による転落事故は、まぬがれることができる。

実際、ラッシュ時の新宿駅など、白線の外側、ホーム端ぎりぎりのところを歩く人は少なくない。混雑
のあまり、そこしか歩く場所がないのである。酔っ払っていたり、押されでもしたりしたら、すぐにでも死人が出るという状況が、長年放置されていたのは不思議でもある。


それでも鉄道会社がドアや柵の設置に消極的なのは、「運転が難しい」「停車位置を修正すると、ラッシュ時に定時運転ができない」「列車・車両によってドアの位置が違う」「ドアを置くスペースがない」などという理由があるとされていたからである。

しかし、昨今のホームドア・柵はスリム化が進み、わずか2、30センチの隙間があれば設置できるようになったので、スペースの問題は解決された。

また運転技術は磨けば熟練するものであり、既にドア・柵が導入されている路線には、丸の内線など、混雑が激しい路線もあるが、目だった混乱は起きていない。(将来的には、定位置に自動停車できるような設備を駅につけるべきだろうが)

逆にドアや柵があると、ホーム進入・退出がスムーズになり、ラッシュ対策に有効だとも言われている。

ドア位置については、通勤電車はそのほとんどが同規格であり、ドア数・位置には大きな違いはない。もちろん、山手線のように4ドア、6ドア車両が混在する路線もあるが、双方に対応できる可動式の柵は可能だし、最悪の場合、ドア数が異なる車両部分だけは、柵を設けないという柔軟な対策もあるだろう。

そう考えると、鉄道会社各社がホームドア・柵に冷淡なのは、「面倒だから」「お金がかかるから」という理由以外にはかんがえにくい。


確かに、これらの設備は高価だ。

JRでは、山手線一駅につき、設置費が30億円かかるとしている。そのほか、車両改造費に20億必要で、合計550億円を計上している。

この額は大手私鉄にとっても、容易な額ではない(京成電鉄の純利益は、年に100億円程度)。JRや新規路線だからこそ、できる技だ。

それに対し、国交省は補助金を支給したり、乗客が少ない駅は除外したりしているが、利益享受者負担の原則から、運賃に上乗せしても良いだろう。

六本木ヒルズと、東京ミッドタウン

六本木ヒルズには「毛利庭園」という、ちんまりした日本式庭園がある。

hills.jpg

続きを読む

クリスマスの古層

クリスマス、という風習はキリスト教の行事とされている。信者でなくてもこの日は教会に行ってミサに参加したり、プレゼント交換する日本人も多いだろう。

クリスマスの主人公、サンタクロース。キリスト教の公式見解としては、本名は聖ニコラウスといい、3世紀ころ、小アジアにいた司教である。分裂したローマ帝国を再統一した、コンスタンティヌス大帝と同時代の人だ。

ニコラウスはロシア語で「ニコライ」という。東京にある「ニコライ堂」は、(間接的に)この名にちなんだ教会である。

聖ニコラウスはさまざまな逸話を残しているが、身売りされる娘を救うために、その家の窓に黄金を投げ込んだというエピソードが、「煙突から贈り物を投げ込む」サンタクロース伝承へと発展していったという。

しかしニコラウスは地中海沿岸の人で、ソリに乗ったり、真っ赤な厚手のオーバーを着たりしたとは考えにくい。そのいでたちからは、サンタはどう見ても北欧の人である。

実際、「国際サンタクロース協会」では、サンタクロースはフィンランドの住人である、としている。この矛盾をどう考えればよいのだろうか。


そもそも「クリスマス」というのは、どういう行事なのだろう。

キリストの生誕日とされるが、それよりもキリストは4月に生まれたという説の方が自然だ。というのは聖書には「誕生日の晩に、羊飼いらが外で羊番をしていた」と書かれているが、パレスチナ地方の12月、1月は雨季なのである。雨の中、夜通し外にいる羊番、というのも考えにくい。

実はキリスト教以前、北欧やドイツでは冬至を祭る祭礼があったことが分かっている。農業神を祭る祭礼で、太陽の活気を取り戻すためのものだったと考えられている。北欧の冬は寒く、暗いことを考えれば、その行事の切実さが分かるだろう。



そこで考えられるのは、北欧の古層、キリスト教が浸透する前には、冬至前後に現れ、村人に祝福を与える

湯湯婆

めっきり寒くなった。

子供のとき、小学校では石炭ストーブを使っていた。俗に言う「達磨ストーブ」で、その達磨の頭で蜜柑や雑巾を焼いて楽しんだものだが、毎朝の石炭運びが重く、寒く、大変な上、燃料をくべたり、燃えカスを処理したりするのも厄介な仕事だった。

石炭ストーブは中毒者や塵灰が出たりして下火になり、かわって石油ストーブが出回るようになった。石油ショックを経てもなお、灯油はガスや伝奇に比べて安く、庶民的な暖房器具であったことに加え、廃棄物を処理しなくてもいいというメリットもあった。

ところが石油は液体で、扱いが難しい。

当時のストーブは自動着火でなく、自分でマッチを擦って火をつける方式になっていたが、これが危険であった。火が灯油のついた服に燃え移って公どを負った人もいれば、床にこぼした灯油に火がついてボヤ騒ぎとなった人も少なからずいた(-自分もその一人だが)。

そんなこんなで石油ストーブは廃れ、自動着火式の石油ファンヒーターが(東京では)主流となっていくのだが、これにも弱点があった。それは給油が必要だという点である。灯油タンクは重い。20キロ近い灯油タンクを抱えてガソリンタンクから帰るのは一苦労であり、その手間を省いたガスヒーター、電気ヒーターが普及していくことになる。

ガスと電気では、空気が汚れない分、電気式のほうが優れている。しかし電気ヒーターは効率が悪く、部屋全体を暖めるには適していない。暖めようと思うと、電気代がかかってしょうがない。元々、ガスや石油を燃やして電気に変えているのであり、その分、エネルギーのロスがある。

だがエアコンが普及すると、再び電気に脚光があたるようになった。

エアコンも電気を使用するが、ヒートポンプといって、ヒーターとは違う方式で暖房するため、電力消費は少ない。

ヒーターは、電流が抵抗を通過する際に発生する抵抗熱を使って、部屋を暖めている。一方、エアコンは気化熱を使って外気から熱を吸収し、部屋の中に放出している。無から熱を作り出すのより、あるところから熱を奪って使うのとでは、後者の方が効率的なのは道理である。

気化熱というと仰々しく聞こえるが、要は冷房と同じ原理である。冷房は液体が気化するときに、周囲から熱を奪うのを利用して、部屋を冷やす。暖房は逆に気体を液化させ、その時に熱を放出させることで、部屋を暖める。

この方式の利点は、冷暖房が一つの装置で処理できることで、これもまた、限られたスペースしかない都会の居住空間には適していたと、言えよう。

しかし残念なことに、エアコンは天井近くに置かれる。冷房のときはそれでかまわないが、問題は暖房である。暖気は軽いので、エアコンより上に上ってしまい、天井ばかり暖めてしまうのである。なるほど、扇風機で暖気をかき回して下に降ろすという手段はあるが、あまりうまくは行かないばかりか、下手すると部屋中の埃をかき乱し、アレルゲンを撒き散らしかねない。

そこで登場するのが「湯湯婆」である。


前振りが長くなったがw、「湯湯婆」と書いて、「ゆたんぽ」と読む。なぜ「湯」の字が二つもついているかというと、この単語は日中合作だからである。

湯湯婆の起源は唐にあると、いわれている。陶器、木器などに湯を入れ、睡眠時の暖をとる道具で、「湯が入った妻」=湯婆、とネーミングされた。涼を採る抱き枕「竹夫人」と同じようなものだったらしく、現在日本で使われているものよりも、ずっと大型のものだったようだ。

また竹夫人と同じく、ダッチワイフ的な使われ方もされたことは、想像に難くない。(そもそも人肌だし)

明代には広く中国で使われており、室町時代にそれが日本に伝えられたという。日本では「タンポ」と言っても意味不明なので、頭に「湯」を付けて、「ユタンポ」と命名された。。。というのが通説だそうだが、多少疑問も残る。

日中交流は鎌倉時代にもあったのに、なぜ当時は伝わらなかったのだろうか。

一つの理由としては、当時の陶器は釉薬がかかっておらず、水が漏れてしまうため、湯たんぽのような用途には使えなかったのかもしれない。

costcoに行く

costcoに行く。アメリカ生まれの会員制倉庫型ホールセールだが、日本にも十年ほど前に上陸している。

costcoは小売全米4位の巨大企業だが、そこに至るまでには紆余曲折があった。

そもそものルーツはSan Diego出身Sol Priceという人物が始まり。1916年に生まれ、南カリフォルニア大学で法律を修め、弁護士となった氏の運命が大きく変わるのは、飛行機の格納庫を相続したことからであった。

ただ所有しているだけでは維持費がかかってしょうがない。そこでテナントを探し出した彼だが、まだ飛行機が大衆化していない時代。航空格納庫だけあっておいそれとは見つからない。そうこうしている内に、仕事で宝石商と知り合うことになる。

話を聞くと、その宝石商は会員制の宝石売買組織で働いているという。日本では余り見かけないが、アメリカでは、この手の会員制の組織が盛んである。メンバーから会費を徴収し、それを資本金として事業展開する。

一種の株式会社だが、不特定多数の株主が参加し、権力闘争や利益争いの渦となりがちな株式会社と違い、会員制組織ではメンバーが限定されるため、安定した運営ができるというメリットがある。

そしてその宝石売買組織は倉庫を店舗としていた。これを見たPriceは自分の格納庫の利用法を思い付いた。人に貸し出すのでなく、自分で店を開けばいいのである。こうしてCostcoのルーツ、FedMartが創立された。1954年のことである。


FedMartは宝石、家具、酒を売るディスカウントストアとして出発。宝石は前述の縁から、家具はPrice自身で、酒は別の参加者が提供した。

時に1954年は朝鮮戦争直後で、San Diegoは太平洋に臨む第七艦隊の母港として発展を続けていた。そこに立地した店は政府関係者を相手に順調に拡大の一図をたどる。

会員制、倉庫店、スーパーでのガソリン・眼鏡販売など、今日全米で広く見られるスーパーの事業形態は、このFedMartがパイオニアとなったものが少なくない。

ところが店が大きくなると、その主導権を巡って争いが持ち上がった。これに嫌気をさしたかPriceはチェーンの大半を売却し、その資金を手にして新しいスーパー「Price Club」を立ち上げる。1976年のことである。

Price ClubにはJames Sinegalなる人物が働いていたが、彼は1983年、Seattleで同じビジネスモデルに基づいてスーパー「CostCo」を開く。折りからのレーガノミクスに乗って、米景気は拡大。それに乗ってCostCoも急成長を遂げた。

実は、70年代にアメリカ経済はインフレに苦しみ、消費者の間では1セントでも安い物を求める風潮が強まっていた。その風潮にも後押しされ、costcoは全米にチェーンを広げ、遂には「親」であるPrice Clubを吸収合併。世界展開に乗り出した。

現在、アメリカ、カナダ、メキシコ、イギリス、韓国、台湾、そして日本に500店舗以上の事業展開をしており、オーストラリアにも上陸予定である。

かんなぎ

かんなぎ、とは、作中では「神薙」と表記されているが、正しくは「神和」と書いて、「神の心を和らげる人」、つまり巫、巫女のことを言う。

「神薙」を分離して、神→仁、薙→ナギ、がヒーローとヒロインである。

ナギは神樹に宿った産土神だが、現在人の信仰が薄れているので、そのパワーも寿命も突きかけている。

そこで手っ取り早く人心を掌握しようと、学園アイドルを目指す・・・というストーリーだが、そこに同じくアイドル志望のナギの妹や、ナギに仁を取られて内心穏やかでない幼馴染や、仁の所属する変態色強い美術部の面面など、色々と糸が絡んでくる。

ナギの最期は近づいているのだが、彼女に降臨したより高位の神は、仁の助けがあれば、ナギの命は救われると告げる。そして神は樹木の根のようなイメージを見せるが、その根元には黒い穢れのようなものが纏わり付いているのであった。

素直に考えれば、その穢れが神樹の害となっており、霊能力を持つ仁がそれを払うことで、神樹は復活を遂げる。そして仁はナギに仕える巫になり、幼馴染と結婚する・・・というのが妥当な展開か。


女神を主人公に据えるアイデアは「ああ女神様」などでお馴染みだが、神道の女神を持ってきたところが目新しい。

ナース萌え、メイド萌えと来た萌え路線。幼女萌え、武器萌えと来て、神道萌えという極北までたどり着いたが、この道はどこまで行くのだろう。



作者、武梨えりは、「ももえサイズ」を描いた結城心一の実妹。兄に似たタッチの作画だが、仁のキャラなど、「花右京メイド隊」の影響も強いと見た。

女神ナギ、その妹、幼馴染、美術部部長・副部長と、萌え萌え女性メンバーを揃える手腕はなかなかのもの。実質上、彼らの萌え度でこの作品は成り立っていると言っても過言ではない。

ただストーリー展開はテンポが遅く、もたついた印象がある。コミックでは巻末に無関係な短編を差し込むなど「水増し」もあるので、6巻読んでも少しも話が進まない。

それに対しアニメでは脚本が上手く、声優陣も揃って、上質なエンターテイメントに仕上がっている。見るのならアニメがオススメ。リズム感溢れるOP、祓詞を下敷きとしたEDも一聞の価値あり。

ちなみに下の表紙画像は、つぐみちゃん15歳、仁の幼馴染だ。

かんなぎ 6 (6) (REX COMICS)かんなぎ 6 (6) (REX COMICS)
(2008/11/08)
武梨 えり

商品詳細を見る

デコアート

デコ電・デコアートといってデコトラを思い浮かべた人、そう悪い思案でもない。デコトラというのは長距離トラックにゴテゴテと反射板などの光りものをくっつけることだが、デコアートもそれと発想は同じ。

隙間無くストーンを貼り付け、キラキラ光るようにした小物アートで、主に携帯電話になされることからデコ電ともいう。

携帯や鏡にする人は多いが、自分的にはノートパソコンにしてみたい。悪趣味ととる人もいるかもしれないが、洗練したデザインなら十分大人の鑑賞に足りるだろう。

----------------------------------------------------------
【PR】



デコ電デコアートのプロになろう!

テレビ・雑誌で活躍中の
デコ電アーティスト・藤井愛弓先生が指導する通信講座です。

作業手順が一目でわかる写真・映像を多数採用したテキスト・DVDと、現役デコアーティストによるスワロフスキー社のラインストーンを使った実物指導で、最新のデコデンアートからプロに必要なスキルまで短期間でマスターできます。
----------------------------------------------------------

十万円相当

それほどの物持ちでもないし、高価なものも持ってないが、10万円相当な持ち物もある。

一つは金貨だ。自分で買ったのでなく、母が祖母から引き継いだ、明治時代の1円金貨である。明治4年という刻印が打ってあり、鑑定してもらったところ、十万円の値打ちがついたのである。

惜しむらくは多少傷が付いている点だが、それが無ければ、もう数万円、価格が上がったという。

もちろん売るつもりはないが、祖母から母、そして自分までたどり着いた経路を想像してみるとたのしい。

-----------------------------------------------
【PR】

伝説のRPG風ボードゲーム『ドカポン』がWii『ドカポンキングダム』&
ニンテンドーDS『ドカポンジャーニー!』となって好評発売中!!

ニッコリ友情? ヤッパリ裏切り?
ライバルを出し抜いてトップを目指すファンタジーRPG風ボードゲーム。

『ドカポン』は、いちばん多くお金を稼いだ者が勝者となる、みんなでワイワイ遊べるパーティーゲーム。
両タイトル購入者を対象に、10万円相当の金貨が当たるキャンペーンを9/30まで実施中!
-----------------------------------------------

へうげもの7

へうげもの 7服 (7) (モーニングKC)へうげもの 7服 (7) (モーニングKC)
(2008/08/22)
山田 芳裕

商品詳細を見る


へうげもの最新巻。話は小田原攻め、そして小田原方に味方した咎で、秀吉に殺害される利休の高弟、山上宗二を描く。

山上宗二は良く言えば豪胆、悪く言えば頑固な人柄だったようで、以前から秀吉と対立しており、秀吉側近の座を追放され、高野山に下り、最後には北条氏についた。

秀吉の小田原攻めのさい、千利休の取り計らいで、秀吉に謝罪する機会を恵まれたものの、その席上で秀吉の機嫌を損ねることを言ったのらしい。結果、宗二は耳と鼻をそがれ、斬首された。

表面的には、小田原という天下統一への最後の難関を突破しつつある秀吉が、その自省心を失って殺害に及んだように見える。翌年の千利休殺害もその延長線上にあったようで、どうやら、この日本国の絶対君主は、たとえ茶の湯でも、自分より上に立つものを許せなかったらしい。

しかし、その背面には秀吉を超える名声を持つようになった、利休への警戒感があったようだ。利休は細川忠興、蒲生氏郷、高山右近、古田織部らの大名を弟子に持ち、堺の豪商としての実力をも備えていた。朝鮮出兵を前に、不穏な芽は早くから摘んでおこう、という意思が働いたように見える。



物語では、利休は秀吉政権の転覆を企てたように描いてあるが、実際の茶の湯にはそれほどの政治的実力はなく、利休処刑の時にも、秀吉の命に逆らって挙兵する大名は一人もいなかった。

物語はやがて利休の死から、主人公・古田の死に繋がって行く。古田は大阪の役の後、大阪方との密通を疑われ、かつての盟友であった家康から死を申しつけられるが、山田はこの辺りをどう描くのか、興味がある。

似たような構図である利休と秀吉との接近と別離を、茶の湯に関する趣味の相違を軸にして描き切った前半。そこから見られるのは山田のstory tellerとしての成熟だが、その成熟ぶりを、後半でも見られるのかどうか。

マンションを選ぶ

去年めでたくマンションを購入するハメに陥ったが、その際に気を付けた点が、幾つかある。

一つは駅近。できれば歩5分以内、少なくとも10分以内。これはオフィスとしての利用を射程にいれていたからである。駅も、実家からなるべく乗り換えなしに一本で行けるような場所を選んだ。

そのような物件は狭いものが多いが、余り狭くなりすぎてもいけない。オフィスとして活動中、家族が訪れた時にも使えるように、二部屋はほしいところだ。

オフィス的に使うのだから、居住性は多少犠牲になっても仕方ないのだが、騒音だけは注意した。騒音や振動の類は不眠や作業効率の低下に繋がるからだ。その代わり、日当たりや上層階などの条件はカットできた。

さらに資産価値を考えると、築浅や外観、設備なども考慮しなければならないが、そもそも駅近の物件は下落しにくいので、この点はあまり考える必要がなかったと言える。

そんな色々な条件を付けたので、探すのには大分手間取ってしまった。池袋・新宿・渋谷を探したのだが、駅近なら狭かったり、広くても高かったり、騒音が激しかったり、酷い場合にはフロが無かったり、線路にはさまれていたり、新興宗教のまん前だったりと、「ああ、こんな所にも人間は住めるのだなア」と感慨しきり。

----------------------------------------------------------
【PR】

GE Moneyの住宅ローンなら、3つのあんしん!

あんしん1 画一的な基準だけで判断しない、柔軟性のある審査
あんしん2 お客様の住宅ローン計画をサポートする専門のアドバイザー
あんしん3 お借入れ時のご負担を軽くする保証料0円

別商品で業界最低水準金利のフラット35もご用意しております。
----------------------------------------------------------

テーマ : 住宅・不動産
ジャンル : ライフ

りうタン野菜

我が家にもりうタン野菜が届く。

きうり、獅子頭、じゃが芋、玉葱、梅干、サンチェ(?)、枝豆などなど、これでもかッ、これでもかッとばかりに入ってましたw。

実家の方に届いたので、1日遅れで見に行ったところ、既に食われてしまったり、おすそ分けに回ったりと、ほとんど残っていない!

その人気のほどがうかがえます。

残った野菜を見ると、端正で綺麗な野菜ばかりなのには驚く。自分もトマトとか作ってますが、虫に食われたりと、結構綺麗にならないんだよねー。苦瓜に至っては結実すらしないし。

野菜を見ると、人柄が分かるといいますが(今言った)、その通り・・・と言うことにしておきましょうw。

パンをやく

さて、モチの次は、いよいよパンである。

材料がないので、まずは買いに行く。強力粉が300円近く、こんなに高かったか?小麦粉。確かに輸入代金が上がっているのは確かだが、それ以上に政府が(農家保護のために)強制的に、価格を吊り上げているのでは。

(むかしから不思議に思っているのだが、何が「強力」なのだろう。火薬でも入っているのだろうか)

バターも滅法品薄である。こちらは雪印ショック後、牛乳生産量が下がった皺寄せという。まあ無ければないで、マーガリンで代用しよう。

その他、ミルク、佐藤、塩、卵を入れて、水を撒いてセット。そうそう、忘れちゃならないのがイースト。イーストを専用口に入れて、スイッチ・オン。

待つこと4時間強。空けてみると・・・

続きを読む

テーマ : 手作りパン
ジャンル : グルメ

餅をつく

久々のグルメ情報(1年ぶりか?)、今回は「餅」。

先日、母の生誕日祝いに「パン焼き器」が贈られたが、ものぐさな母のこと、ほったらかしていたのを自分が拾い上げて、使うことにした。

続きを読む

テーマ : 手作りパン
ジャンル : グルメ

恐怖の追跡

引越しも済んで、漸く落ち着いてきたので、fc2を色々いじってみる。

fc2は占いやら天気予報やらアマゾンやら、機能が盛りだくさんで、面白がってあれこれ触って見るのだが、中でも「アクセス解析」は興味深い。

ホスト追跡機能が付いていて、どのIPホストがこのブログをチェックしているのか、一目瞭然に分かってしまうのである。

続きを読む

たっぷり字書きさんバトン

某30分更新さんからいただきました、「たっぷり字書きさんバトン」。いやあ、長かったです。余りの長さに、後半は省略させてもらいました。

おまけに小説屋じゃないので、途中から批評バトンになってもいますが、まあご愛嬌ということで。

続きを読む

グーグル先生・創始記

さてめでたくfc2に引っ越したわけだが、引越し理由の一つは、「広告が貼れない」、ということだった。

続きを読む

太っ腹なアメリカ政府

さて、そうこうする内にアメリカ政府から、小切手が舞い込んできた。

600ドル。税金還付に似ているが、これはEconomic Stimulus Payment、つまり景気刺激用の大盤振る舞いである。サブプライムで沈みかけていた米景気を引き戻すために、国民にお金を与えようというのだ。

サブプライム問題が一服した今となっては、遅きに失した感もあるが、このような政府の積極的な対応策も、サブプライムで燃え上がった火事を消し止めるのには役立ったろう。

今年は大統領選挙年で、共和党の人気取りという意味合いもあるが、人民にキャッシュをばらまくという発想は、合理的と思う。600ドルをケチって景気後退し、金融危機に陥るよりも、出すべきところは出した方が痛みは少ない。

サブプライムに対するアメリカ政府の対応は、迅速で大規模だ。連銀は瞬く間に金利を半分以下に下げ、破綻した金融機関には公的資金を注入した。ゆるゆると対応を小出しにした結果、「失われた十年」を招いた日本と好対照である。



翻って見れば、日本が先の大戦で負けたのも、日中戦争でずるずると対応を先延ばしにしていったのが、根本原因である。その結果、戦線は拡大を続け、その都度兵力は追加投資され、世界中を敵に回して結局は破滅した。

それに比べ、アメリカは緒戦は敗退したものの、やがて日本の戦略を分析し、日本が資源供給に難を持っている弱点を発見、海上補給路を叩くという戦略に切り替えてからは、基本的に負け戦はしていない。

今回もアメリカは日本の金融危機を分析し、日本政府と逆の対応を取ることで、事態収拾に成功したように見える。国民に金を持たせ、消費を喚起するなど、ひっくり返っても日本政府からは出て来ない発想だろう。



なぜ日本ではできないのだろうか。つらつら考えていくと、日本の持つ官僚制度の限界につき当たる。

日本型官僚制度のルーツは江戸時代の武家統治と、プロイセンの中央集権であるが、そのどちらも国民主体の発想を持ってはいない。

士農工商の上に成り立つ江戸幕府にとっても、農奴制のプロイセン政府にとっても、国民は統治の対象でしかなく、国家にお金がなくなれば、そこから搾り取るだけの対象でしかなかったのである。

もちろん、民主主義が確立した現在の日本政府では、最早そのようなことを口にするお役人はいないが、やはり無意識的な前提として、税収不足の際には、支出を削減するよりも、税金を上げるのが当然という思想があるように見える。

だから政府機関のリストラは遅々として進まないし、税金を国民に戻す、という発想自体アリ得ないのだろう。



これを打破するには、政治を国民の手に取り戻すのが不可欠だが、残念ながら、全共闘以後、日本の大衆政治は下火になり、政治的無関心が国民の基調となってひさしい。

無関心な以上、草の根運動が新党結成、という方向には進まず、二大政党化を進めるしか、現実的な解決策はないのだろう。

テーマ : 経済
ジャンル : 政治・経済

エアコンを買いに


昨年買ったエアコン(東芝)は燃費がよく、空気清浄や換気、児童お掃除もできるので重宝してした。

それで寝室用にもう一台花王としたところ、急に値段が跳ね上がって驚く。

聞いてみると、シーズン前はどうしても高くなるのだという。シーズン後に買えば安くなるそうだが、来客があるのでそこまで待ってもいられない。

それでビックカメラや淀橋を闊歩したが、店員のオススメは三菱。ムーブアイといって、センサーで人がいる部分を感知し、その部分だけに冷風を送ってくれるのだという。

なるほど、これはよろしい機能だが、その分お値段もよろしい。15万以上もする。

もっと安いものはないか、とkakaku.comで調べてみると、富士通のが安くて評判がよい。値段はわずか3万5千だ。ただし燃費は悪く、三菱の6に対し5しかない。

しかし考えてみると寝室なのだから、エアコンを使う時間は余り長くない。寝ている時間+α程度だろうか。仮にメインルームの1/3時間だけ使うとすると、

三菱の電気代は約2万円/年で、15年間使うとすれば30万。一方、富士通は30万×6/5×1/3=12万。その差額は18万。圧倒的に富士通の方がトータルコストが安いことが分かる。

と決まれば後は買うだけだが、kakaku.comでは3万5千というものの、運送費・代引き・工事費を含めると、5万円を超す。ビックは5万円ポッキリだが工事費は1万で計6万。ただ10%のポイントがつくので、kakaku.comと大差はない。

そして帰りがけによったヤマダで、富士通のタイムセールに遭遇。お値段は5万だが、工事費込みだ。さらに交渉の結果、現金なら10%おまけしてくれると言う。これは買い!。今日は雨だからやめようと最初は思ってたが、drop byして良かった。

ところが現金がない。以前サイフを落としたことがあるので、1万円以上は持ち歩かないようにしている弊害が出たのだ。ATMに行くも、サイフにカードが入ってないことに気づく。そう、これも紛失を恐れて引き出しにしまって置いたのだった。

結局、一旦家に戻って現金を取ってから、またヤマダに行くということになってしまったのだが、配達日は来月3日。この買い物、吉と出るか、凶と出るか。

テーマ : 家電・パソコンパーツ
ジャンル : ライフ

ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。